ニュース
» 2016年03月24日 15時43分 UPDATE

お茶の間で駅の混雑状況をリアルタイムに確認!イッツコムが東急線情報を拡充

イッツコムは東急電鉄が提供するアプリ「駅視-vision(エキシビジョン)」の画像を利用し、家のテレビで駅の混雑状況をリアルタイムで確認できるなどサービスを拡充した。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 ケーブルテレビ事業を展開するイッツ・コミュニケーションズ(イッツコム)は3月24日、東急線に関する情報を拡充することを発表、同日よりテレビ自動情報サービス「イッツコム テレビ・プッシュ」においてサービス提供を開始した。家のテレビで武蔵小杉駅など計6駅の改札などの映像がリアルタイムに確認できるようになる。

hm_vi01.jpg 駅視-visionのイメージ。プライバシー保護の加工処理が施された静止画が配信される
hm_vi02.jpg 写真左から、武蔵小杉コンコース、コンコース南改札外の画像イメージ

 今回のサービス拡充では、「イッツコム テレビ・プッシュ」のホーム画面に「東急線」ページを新たに追加。東急電鉄が実証実験中のアプリ「駅視-vision(エキシビジョン)」の画像や、東急線の運行停止や遅延路線が一目で分かる”路線図”をテレビ画面で確認できるようになる。現時点では、武蔵小杉駅、日吉駅、三軒茶屋駅、二子玉川駅、溝の口駅、あざみ野駅の計6駅の改札やコンコースにカメラが設置されてあり、プライバシー保護の加工処理が施された静止画が配信されている。

hm_vi03.jpg 運行情報イメージ
hm_vi04.jpg 運行情報イメージ
hm_vi05.jpg 洪水予報イメージ

 「イッツコム テレビ・プッシュ」は、インターネットに接続された専用端末(IPボックス)をテレビにつなぐだけで、緊急地震速報や気象災害情報などの防災情報や生活情報をテレビ画面と音声でプッシュ配信する月額950円の有料サービス。総務省が推進する「災害情報共有システム(Lアラート)」にも対応している。緊急度が高い情報の場合は、テレビが消えていてもテレビの電源を自動的に立ち上げたり、録画番組視聴時には、画面を自動的に切り替えて知らせることができる。

hm_vi06.jpg イッツコム テレビ・プッシュのシステムイメージ

 「イッツコム テレビ・プッシュ」の利用料金は、すでにイッツコムを利用している場合は月額650円/台。「イッツコム テレビ・プッシュ」を単体で利用する場合は、1台目は月額950円/台、IPボックスはレンタルが月額500円/台、購入の場合は9800円/台(すべて税別)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう