ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「防災」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「防災」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

宇宙飛行士モチーフの防災セットがめちゃくちゃかわいい 地球への帰還を目指すデザインが勇気をくれそう
8カ月連続で届くグッズが、毎月防災のことを思い出させてくれます。(2021/1/20)

地震、水害……コロナ禍で愛犬の命をどう守る? 『犬と一緒に生き残る防災BOOK』でシミュレーションしておきたい
愛犬と共に生き抜くために。(2021/1/16)

大雨・大雪・浸水を現実世界にAR表示 災害シミュレーターをウェザーニューズが公開
ウェザーニューズが、AR技術を利用して大雨や大雪、浸水の被害を疑似体験できるスマートフォンアプリを無償公開。防災意識の向上につなげる。(2021/1/14)

新連載「デジタル防災を始めよう」:
大震災から学ぶ、都市直下型震災への備え
日本では、地震や水害などさまざまな災害が毎年起こっており、時折、大規模な災害が発生する。一方で守ってくれる技術もまた、IT技術を取り込んで進化している。そんな「デジタル防災」のための知識をアップデートしていく連載をスタート。(2020/12/31)

理経、VRと連動して温度を感じられるデバイスを開発 防災訓練用VRに提供を開始
理経は、VR映像に連動して温度を体感できるVRシステムを開発した。(2020/12/24)

特務機関NERVが山寺宏一さんによる「防災啓発動画」公開 「加持さん!」「映像としてもかっこいい」
2019年に誕生した新しい地図記号「自然災害伝承碑」の存在を伝えています。(2020/12/12)

災害情報を電子メールで配信する自治体が増加:
「大雨特別警報を知らせるメールが届かない」 JIPDECが自治体の防災メールなりすまし対策状況を調査
JIPDECが実施した、自治体が発信する防災メールのなりすまし対策状況に関する調査によると、SPFを設定している自治体は全体の90%なのに対して、DMARCを設定している自治体は14.2%だった。(2020/10/22)

電気なしでレトルト食品などを温める「防災加熱袋」、兼松が発売
兼松は電気や火を使わずに袋の内部を約97℃に保つ「防災加熱袋」を発売した。災害発生時や停電のときにレトルト食品や缶詰を温められる。(2020/10/19)

LED照明:
災害時に「いのちを守る」あかり、パナソニックLS社がVRで照明点検の重要性を啓発
2019年度の販売総数で誘導灯100万基以上、非常灯300万基以上とも言われる防災照明の市場で、確固たる存在感を示すパナソニック ライフソリューションズ社は、防災照明を災害時に「いのちを守る」あかりとして、定期点検の重要性をVRや動画など多面的な方法を駆使して啓発している。(2020/9/26)

「電力使用データに応じて保険料を割り引く」といった使い方も:
IoTを活用して家庭の防災や見守りを支援 三井住友海上、NTTドコモなど4社が共同開発
三井住友海上火災保険と東京電力パワーグリッド、NTTドコモ、エナジーゲートウェイの4社は、防災と減災、省エネ、高齢者や子どもの見守りといった課題に向けて、先進デジタル技術を活用した新商品やサービスを共同で開発する。(2020/9/10)

「内閣府防災」のLINE公式アカウント開設 台風・豪雨時の正しい避難行動が確認できる
台風シーズンに備えて。(2020/9/4)

赤ちゃんの防災、どうしてる? 1歳児の母が考えた「赤ちゃん用非常持ち出しバッグ」の中身が参考になる!
防災セットの中身、見直してますか?(2020/9/3)

「特務機関NERV」防災アプリが有料プラン導入 250円と480円の2段階、無料でも利用制限なし
250円のEプランと480円のEEプランがあり、後者には限定コンテンツも用意されています。(2020/9/1)

「特務機関NERV防災アプリ」、運用費は年間6000万円 収益化に向け“サポーターズクラブ”設立
セキュリティ企業のゲヒルンは、自然災害関連の情報や防災気象情報などをユーザーの位置情報に基づいて配信するスマートフォン向け「特務機関NERV防災アプリ」(iOS/Android)に月額制の会員制度「サポーターズクラブ」を設立したと発表した。(2020/9/1)

ワンちゃんの防災、重要なのは”普段のしつけ”
いざというときのために。(2020/8/30)

耐震:
地震時に建物の崩落リスクを低減するダイワハウスの耐震吊り天井「Dタフ天井」
政府の中央防災会議で検討された南海トラフ地震の被害想定は、静岡県から宮崎県にかけて一部で震度7となる可能性があり、両県に隣接する周辺地域では震度6強から6弱の強い揺れになるとしている。南海トラフ地震の対策として、大和ハウス工業は、地震時に建物崩落を防ぐ耐震吊(つ)り天井「Dタフ天井」を開発した。2020年6月9日には、Dタフ天井の特定天井タイプで、日本建築総合試験所の建築技術性能証明を取得した。(2020/8/28)

長寿命の単三アルカリ電池「防災電池」が販売開始 推奨期限10年で1パック40本入り1980円 もしもの時の備えに
あると安心です。(2020/8/27)

メルカリの売上金をアプリから寄付できる 「メルカリ寄付」9月1日からスタート
サービス開始は防災の日に合わせたとのこと。(2020/8/27)

“エヴァ風”防災情報、デジタルサイネージに配信 ゲヒルンとNTTテクノクロス
スマートフォン向けアプリ「特務機関NERV防災」(iOS/Android)を手掛けるゲヒルンとNTTテクノクロスは、NTTテクノクロスが提供するデジタルサイネージにゲヒルンの防災情報を配信するサービスを11月に始めると発表した。(2020/8/25)

防災対策セミナー「毎日が、備える日」:
国民の約50%が災害への備えがほとんど無し、“防災力”が低い理由とは?
内閣府の発表によれば、今後30年以内に、マグニチュード7クラスの首都直下地震が70%の確率で発生すると予測している。また、気象庁が運用する自動気象データ収集システム「アメダス」の雨量情報をみると、近年1時間あたりの降水量が50ミリを超える豪雨が増えていることが分かる。大地震や大雨による河川の氾濫などへの対処が急務となっている現状を考慮し、パナソニック ライフソリューションズ社は防災対策Webセミナー「毎日が、備える日」を開いた。(2020/8/25)

猛暑日だけど部屋の中は涼しそう? ARで部屋に水を張ってみた動画、実は防災のための技術
気持ちよさそうなだけでなく、防災にも役立つ。(2020/8/18)

アイリスオーヤマ、東日本大震災を経験した防災士監修の防災セットを発売 自宅避難に特化した「ライフラインボックス」など
在宅避難に対応する新商品が登場。(2020/8/2)

製造ITニュース:
LPWAを活用して河川水位をリアルタイム監視、地域の防災に貢献
NECプラットフォームズは、河川の水位情報をリアルタイムで可視化する「河川水位IoT監視パッケージ」を発売した。河川に設置した水位センサー子局の情報をLPWAで親局に送信し、Web上で公開することで、河川管理や地域の防災に役立てられる。(2020/7/9)

就寝用マットや簡易トイレなど:
マツダが「車中泊セット」を発売 災害時に役立つ10アイテムをまとめて提供
マツダは、防災用の「車中泊セット」の販売を始めた。災害発生時などに車で緊急避難をする際に活用できるグッズを、常に車内に置けるセットとしてまとめて提供する。(2020/7/6)

製造業IoT:
インフラ監視や防災用に、LPWA対応の省電力IoT電源システムを発売へ
マクセルは、LPWA対応のIoT電源システムを開発した。アルカリ乾電池またはCR電池を搭載し、必要な時だけ電力供給してシステム全体の待機電力を削減する。防災機器やインフラ監視機器用の電源への利用を見込む。(2020/7/6)

日本気象協会「エヴァ」仕様の防災パンフ『防災知識補完計画』を無料公開
何事も備えが大事。(2020/6/26)

防災クラウドサービスの開発事例で学ぶ:
3カ月でどう実現? ITが生活の根幹となる時代に高信頼サービスを開発
ITが生活の根幹となる時代に、信頼度の高いサービスを提供するために企業はどう取り組んでいるのか。短期間で防災クラウドサービスを開発した企業の担当者に話を聞いた。(2020/6/30)

プロジェクト:
豊洲で延べ約12万m2の複合開発、日本初“都市型道の駅”で都市のデジタルツイン
清水建設は、東京都江東区で複合開発計画「(仮称)豊洲6丁目4-2-3街区プロジェクト」の開発を進めている。街区内に建設する都市型道の駅「豊洲MiCHiの駅」には、音声ナビゲーションシステムや交通・防災情報をタイムリーに発信するデジタルサイネージを実装し、施設の利便性を高める。(2020/6/18)

「川の様子見てくる」をIoTで センサーとクラウドで水位を可視化 NECが防災システム
NECプラットフォームズが、河川の水位を遠隔で計測し、Webブラウザに結果を表示できるIoTシステムを自治体向けに発売。住民の防災意識を高める効果を見込む。(2020/6/17)

「としまえん」8月末で閉園 併設する庭の湯は存続
防災公園などに整備される。(2020/6/12)

営業再開は6月15日:
「としまえん」が8月31日に閉園、94年の歴史に幕 跡地にはハリー・ポッターと防災公園
西武鉄道は、東京都練馬区のレジャー施設「としまえん」を8月31日に閉園すると発表した。跡地では、防災拠点となる公園や人気映画「ハリー・ポッター」の関連施設の整備が進む計画だ。(2020/6/12)

ヨシ! 童話にちなんだクイズに答えると(なぜか)仕事猫スタンプがもらえる「サイバー防災」キャンペーンが開始
どういう理屈?(2020/6/9)

蓄電・発電機器:
大容量12kWhの家庭用蓄電池、ニチコンが卒FIT太陽光ユーザー向けに
ニチコンが家庭用蓄電池の新製品を発表。業界最大クラスという容量12kWh(キロワット時)の蓄電池で、太陽光発電の電力の自家消費や、災害時の防災電源として活用しやすくした単機能型の新モデルだ。(2020/6/4)

第24回「震災対策技術展」横浜:
SNSの書き込みから被害状況を収集、「ソーシャル防災」を支援する解析テクノロジー
昨今は、SNSの浸透とともに、社会に発生するさまざまな事象の情報が、スマホに代表されるモバイルツールから日々投稿されている。JX通信社は、Twitter上を流れるツイートから、災害・事故・事件などに関する情報を得るシステム「FASTALEAT」を開発した。既に放送局や通信社などのメディアで多数採用されており、その有用性は高く評価されている。(2020/6/3)

災害対策:
既存の車止めにセンサーを設置した水害監視、応用地質ら3社が福知山で実証
サンポール、ユアサ商事、応用地質は、身近な社会インフラを活用した防災モニタリング製品を開発した。(2020/5/26)

土木管理総合試験所が描く土木のビジョン:
“土木テック”の最先端では何が起きているか?インフラAI点検の「フランチャイズ構想」
長野県長野市に拠点を置く土木管理総合試験所は、インフラの維持管理が抱える慢性的な人手不足や人材を採用しても売り上げが伸ばせなくなっている現状に対し、100年後にも持続可能なインフラの維持管理を実現すべく、自社だけに限らない多様な業種との共創も見据えた“土木テック”の研究を進めている。ロボットや点群、AIといった土木テックによって、従来はマンパワーに依存していたインフラ点検が効率化され、長期的な視点で防災・減災や国土強靱化につながると期待されている。(2020/5/1)

外出自粛の今だからこそ! 「お家の防災対策」をやってみよう
(2020/4/17)

TikTok×気象庁 行政機関と連携して防災知識を発信していく「防災TikTok」誕生
気軽で良さそう。(2020/3/28)

遊んで学べる防災ボードゲーム「INCASE」が登場 防災グッズを集めて災害に備えるルール
東日本大震災から9年。防災をより身近にするためのボードゲームです。(2020/3/12)

「改めて襟を正す1日になれば」 サンド伊達、東日本大震災から9年で“防災意識の風化”に待ったをかける
伊達さん「3月11日がまたやってきた。あの日から丸9年か」。(2020/3/11)

Yahoo!防災速報、災害状況を共有できる「災害マップ」正式版を提供
ヤフーの防災通知アプリ「Yahoo!防災速報」が、ユーザー同士で現在地の災害とライフラインの状況を共有できる「災害マップ」の正式版を提供開始。ライフラインに異常が見込まれる地域のユーザーに対し、アプリからプッシュ通知を配信する。(2020/3/10)

au、ユーザーが指定した地域の防災情報を自動配信 家族や友人の危機をいち早く知り避難を呼びかけたい
国交省の「逃げなきゃコール」に対応するサービス。(2020/3/10)

産業動向:
2020年度の建設業界は防災・減災やインフラ対策に大幅な予算増で、堅調に推移
ヒューマンタッチ総研は、国土交通省の「2020年度予算概要」などから分析した建設業界の今後についてまとめた。これによると2020年度は、防災・減災対策や老朽化したインフラ対策を中心に2019年度を上回る予算が投入され、建設市場は堅調に推移すると予測している。(2020/3/5)

CIM:
八千代エンジニヤリング、3次元流体解析を水防災/水環境保全事業で活用
八千代エンジニヤリングは、水防災・水環境保全事業における3次元流体解析の社会実装に着手。これまで技術的な問題で同事業への活用が難しかった3次元モデルの導入促進が期待される。(2020/2/17)

「エヴァ」作中組織がモチーフの防災アプリ「特務機関NERV」専用災害対策車輌が初公開 三菱自動車、スカパーJSAT、内閣府がバックアップ
かっこいい。(2020/1/11)

阪神・淡路大震災の取材映像を公開するサイト、朝日放送グループが開設
朝日放送グループホールディングスが、阪神・淡路大震災の取材映像を公開するサイトを開設。映像を公開することで震災の風化を防ぎ、今後の防災・減災に生かしたいという。(2020/1/10)

電気自動車:
人命を守る「防災情報」を止めないために――「特務機関NERV」の災害対策車が登場
災害時に防災情報の配信を止めないために――。ゲヒルン、三菱自動車、スカパーJSATの3社が、災害時に停電や通信網が途絶した場合でも防災情報を配信できる災害対策車を発表。2020年2月1日から、東京と札幌の2エリアで運用を開始する。(2019/12/27)

「特務機関NERV防災アプリ」Android版が配信開始 先行するiOS版は40万ダウンロード突破
自然災害関連の情報や防災気象情報などをユーザーの位置情報に基づいて配信するアプリ「特務機関NERV防災アプリ」のAndroid版の配信が始まった。9月から先行して配信しているiOS版は40万ダウンロードを超えたという。(2019/12/18)

雄大な阿蘇山をドローンが撮影、リアルタイムでVR化 5G活用、KDDIなど実験
KDDIなどがドローンで撮影した阿蘇山などの映像を、5Gを活用してVRゴーグルにリアルタイムに伝送する実験を行った。観光促進の他、防災・減災にも活用する。(2019/12/13)

防災:
下流住民の避難を容易に、ため池の状況を“見える化”するシステムを開発
応用地質は、ため池の決壊による人的被害を防ぐことを目的に、自治体・土地改良向けの「ため池防災システム」を開発した。(2019/12/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。