ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「洪水」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「洪水」に関する情報が集まったページです。

建物より立地を重視:
土地選びで優先すること 「静かな環境」や「治安」を抑えて1位となったのは?
不動産の売買・仲介・鑑定を手掛けるAlbaLinkが、全国の男女500人を対象に「土地選び・土地探しで優先することに関する意識調査」を実施した。(2021/12/4)

あの「防災地下神殿」への無料巡回バス、12月1日から期間限定で運行 春日部駅から
これは行きたくなる……!(2021/12/1)

巨大“防災地下神殿”行き無料巡回バス、12月1日から期間限定で運行
朝日交通は30日、埼玉県春日部市にある「首都圏外郭放水路」と春日部駅などをつなぐ無料巡回バスを期間限定で運行すると発表した。(2021/11/30)

GIS:
「地盤安心マップPRO」に土砂災害レッドゾーン情報リスト閲覧機能
地盤ネットは、多数の地盤・災害・不動産情報が閲覧できる住宅事業者向けサービス「地盤安心マップPRO」の、フラット35Sの要件変更に対応し都道府県の土砂災害ハザードマップを確認できる機能追加版を公開した。(2021/11/29)

パッチ適用が難しい6つの理由【第2回】
「パッチを全て、今すぐ適用する」がなぜ“間違い”なのか?
企業が恒常的にパッチを適用できていない現状の原因は、「全てのパッチを一度に適用しようとしているため」だと専門家は指摘する。どうすればこの問題を解消できるのか。(2021/11/25)

社内副業は“クエスト”:
「人事評価の対象外」で社内副業 損保ジャパン新制度は、なぜこの設計になった?
損害保険ジャパンの社内副業制度は、就業時間のうち2割を社内副業に充てられるが、本来の仕事を減らすなどのルールは特段設けておらず、また副業先での業務は人事評価の対象にはならないという。本当に機能しているのか。(2021/11/19)

防災:
防災対策をタイムリーに提案するシステムを開発、清水建設
国土交通省が推奨するタイムラインの立案には、専門家の知見が求められる。さらに、風水害対策の事例だけでも、対策要員の参集、従業員への避難・自宅待機指示、資材の事前手配、停電対策、生産ラインの事前停止などを行わなければならない他、建物の用途と立地を考慮した防災対策の選定・組み合わせは容易ではない。そこで、清水建設は、タイムライの策定・実践を支援するシステム「ピンポイント・タイムライン」を開発した。(2021/11/17)

ファシリティマネジメント フォーラム 2021:
これからのBCP対策の在り方、竹中工務店が提案する「有事と平時に対応する施設の“再構築”」
近年、国内で相次ぐ自然災害の甚大な被害を鑑みると、建物のBCP対策については現状を見つめ直し、将来の在り方を検討すべき時期に来ている。ファシリティマネジメント フォーラム 2021で講演した竹中工務店で事業リスクマネジメントグループ長を務める杉内章浩氏は、BCP/リスク対策の必要性は認識していても実施がなかなか進まない現況を踏まえ、多数の相談を受けている建設会社の立場から参考になる事例を交えつつ、とくにここ数年の懸案事項となっている感染症対策にもスポットを当て、問題解決の具体的な手法を提言した。(2021/11/1)

テレワーク時代に適した災害対策とは:
PR:バックアップ、災害対策を改善。今すぐスモールスタート
災害が相次ぎ、テレワーク需要も高まる中、災害対策やバックアップの仕組みの在り方があらためて問われている。だが、対策そのものを用意していない、万一の際にデータを戻せないといった課題を抱える企業がある。今すぐリスクを回避する策とは。(2021/11/1)

防災:
多様な防災情報と解析・予測データを可視化するプラットフォームを開発、日本工営
日本工営は、さまざまな自然災害情報を一目で確かめられる「防災プラットフォーム」を開発し、2021年秋頃に提供を開始する。防災プラットフォームでは2021年内に、洪水などの水災害対策を中心としたサービスを提供し、今後は、地震と津波による災害、土石流や地すべりの土砂災害といった情報も見える化する。(2021/10/26)

統合型PRと広報効果測定のデータ活用【前編】:
「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合型PRと、DXが進む広報効果測定に関する基本知識とメソッドをご紹介します。(2021/10/21)

企業が抱える3つの気候変動リスク:
AI活用で気候変動リスクはどこまで低減できるか
世界経済フォーラムの「Global Risks Report 2021」が今後10年間で起こる可能性の大きい企業にとっての3大リスクとして「異常気象」「気候変動対策の失敗」「人間による環境破壊」を挙げるように、気候変動リスクへの対応は企業にとって大きな課題だ。ツールの活用でリスクはどこまで低減できるか。(2021/10/19)

「ここまでは必要ない」という認識が“スキ”になる:
PR:ランサムウェアが狙う「バックアップデータ」 巧妙化する攻撃から企業を守るには
「データをバックアップすればサイバー攻撃や障害への備えは万全」。そんな認識の“スキ”を突いた攻撃が相次いでいる。ITに割けるコストや人的リソースが少ない企業もある中、データの消失や金銭的な損害を防ぐ保護方法は何か。(2021/10/14)

導入事例:
独・鉄道の盛土補強に技研の「インプラント工法」と「GRBシステム」が採用、省スペース施工と仮設レス施工で狭隘地で施工
技研製作所の「インプラント工法」と「GRBシステム」が、狭隘地でも工事可能な省スペース施工と仮設レス施工のメリットが評価され、独・鉄道の盛土補強工事に採用された。今回受注した案件を追い風に、ドイツ市場をはじめ、欧州での採用拡大に拍車が掛かることが期待されている。(2021/10/13)

プロジェクト:
エントランスから専有部までタッチレスで移動可能な複合施設が着工、NTT都市開発
NTT都市開発は、大阪府大阪市中央区の御堂筋淡路町敷地で開発を進める延べ約4.2万m2の複合施設「アーバンネット御堂筋ビル」が2021年7月に着工したことを発表した。(2021/10/11)

リテール&ロジスティクス:
神奈川県相模原市で延べ約33万m2の多機能物流施設が竣工、日本GLP
日本GLPは、神奈川県相模原市で開発を進めていた物流施設「GLP ALFALINK 相模原1」と共用棟「リング」が竣工したことを公表した。共用棟を含むGLP ALFALINK 相模原1の延べ床面積は33万1348平方メートルで、施設内には人材派遣会社や物流機器のレンタル会社が入居している他、配送会社のターミナルも設置されるなど、従来の物流施設とは一線を画す企業が入居している。(2021/10/6)

PR:全国の洪水被害、スパコンで防げ 未管理の小川にも対応する「リアルタイム氾濫予測システム」の実力
(2021/10/4)

「SX-Aurora TSUBASA」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/10/4)

GIS:
「PLATEAU」が新たな実証4件を開始、デジタルツインで自動運転や工事車両シミュレーションなど諸課題を解決
国土交通省が進めているフィジカル空間の都市をサイバー空間に3次元で再現する都市空間情報プラットフォーム「Project PLATEAU」は、2021年度の新たな実証実験として、社会的要請も高い自動運転やカーボンニュートラルの新テーマに加え、エリアマネジメントの可視化や工事車両の搬入経路シミュレーターといった合計4件のプロジェクトを選定した。(2021/9/18)

ハウスガード、賃貸オーナー向け保険の更新がスマホで
少額短期保険ハウスガードは、入居者向けの保険加入・更新手続きに続き、賃貸住宅のオーナー向け保険「オーナーズガード(賃貸住宅経営あんしん補償保険)」でも、10月満期契約分から契約更新手続きがスマートフォンで可能とした。(2021/9/17)

どこまでも増殖していく「家」と「家族」―― YouTubeの見すぎで狂った母親が、家族を無限に増殖させてしまう漫画
恐怖か狂気か、それとも感動を感じるのか?(2021/9/12)

メンテナンス・レジリエンス OSAKA 2021:
自然水害の最新動向や政府の防災対策と流域治水関連法の概要、国交省
国土交通省は、さまざまな自治体に都道府県や市町村などの関係者が一堂に会する「流域治水協議会」を設立し、流域治水協議会では、流域治水の情報を国民に発信する「流域治水プロジェクト」を2021年3月に策定した。また、政府では、流域治水の対策を円滑に行えるようにするため、「流域治水関連法」を2021年5月10日に公布し、一部を除き年内の施行を予定している。(2021/9/10)

プロジェクト:
延べ約2.7万m2のBTS型物流施設が福岡県小郡市で着工、プロロジス
プロロジスは、福岡県小郡市で2022年6月末の竣工に向け、BTS型物流施設「プロロジスパーク小郡」の開発を進めている。プロロジスパーク小郡は竣工後、日本ロジテムのグループ会社である福岡ロジテムの専用施設となる予定だ。(2021/9/14)

「阿蘇山で噴火」プッシュ通知をヤフーが誤配信 Twitterでは戸惑いの声 原因は人為的ミス
ヤフーが「阿蘇山で噴火が発生(14時59分)」というプッシュ通知を9月9日午後2時過ぎに配信。Twitterでは「阿蘇山噴火するの?」と話題になり、「阿蘇山噴火」が日本のトレンドに入ったが、実は人為ミスによる誤配信だったという。(2021/9/9)

元保護子猫、大好きな赤ちゃんのそばを離れず…… 寄り添うふたりのあいらしさに「なんてかわいいの」の声
かわいさの洪水!(2021/9/9)

プロジェクト:
兵庫県尼崎市で延べ1.7万m2の物流施設が竣工、関通が入居し稼働
日本GLPは、兵庫県尼崎市で計画を進めていた物流施設「GLP 尼崎III」が2021年6月2日に竣工したことを公表した。GLP 尼崎IIIは、関通が着工前に賃貸借予約契約を締結しており、専用施設「D2C物流センター」として稼働している。なお、関通は、立地の優位性や個別ニーズへの柔軟な対応を評価し、GLP 尼崎IIIへの入居を決定した。関通が日本GLPの施設を利用するのは初となる。(2021/9/8)

デジタル防災を始めよう:
中二病が役立つ? 予想外の災害でも乗り切る方法
災害は予想通りに事が運ばないから恐ろしい。そのためにはマイタイムラインなどの準備が欠かせないが、それでも不測の事態は起きる。そんなとき、どうするべきか。(2021/8/31)

プロジェクト:
延べ5.4万m2の物流施設が埼玉県北本市で竣工し満床で稼働、日本GLP
日本GLPは、埼玉県北本市で開発を進めていた物流施設「GLP 北本」が竣工したことを公表した。入居企業は、山善、カインズ、日本ロジステックのサブリース先であるアドビュートで、竣工前に満床となった。(2021/8/31)

NECの「IoT街路灯」、杉並区が実運用スタート 水位センサーで水害を検知し区職員に通知
東京都杉並区が、各種センサーやカメラを取り付けた「IoT街路灯」の実運用を始めた。神田川や善福寺川沿いなどに計5基のIoT街路灯を設置。冠水や浸水の有無を水位センサーで検知し、異常があったときは区職員のPCやスマートフォンに通知する。(2021/8/30)

世界初:
水害被害を“リモート”で推測 小型衛星で日本進出したフィンランド「ICEYE」の可能性
8月は豪雨による被害が多かったが、現地の被害状況把握に役立てられている新技術がある。フィンランドを拠点とする宇宙ベンチャー「ICEYE」は、自社で開発した小型人工衛星により地表を撮影、そのデータをもとにタイムリーな被害推定データを保険会社に提供している。(2021/8/30)

【長田悠幸×町田一八インタビュー】:
ロックバンド漫画の新たな金字塔『シオリエクスペリエンス』の“圧倒的”音楽表現はどのようにして生み出されたのか
原作者の町田一八さんと、作画の長田悠幸さんの2人に制作の裏側を聞きました。(2021/8/25)

ものづくり白書2021を読み解く(2):
製造業がポストコロナで勝ち残るために最低限必要となる3つの視点
日本のモノづくりの現状を示す「2021年版ものづくり白書」が2021年5月に公開された。本連載では3回にわたって「2021年版ものづくり白書」の内容を掘り下げる。第2回では「製造業のニューノーマル」の主軸として紹介されている「レジリエンス」「グリーン」「デジタル」という3つの視点について掘り下げる。(2021/8/23)

国交省「コンクリートブロックを剥がして使わないで」 堤防の一部をBBQに使う行為に注意喚起
ゴミの放置も急増しているようです。(2021/8/20)

豪雨災害で気象庁にアクセス集中、一時閲覧しにくい状態に 「NHKのサイトも見て」
14日昼ごろから気象庁のWebサイトが閲覧しづらい状態に。豪雨災害に伴うアクセス集中によるもの。今後同様な事態が起きたら「NHKのサイトも見て」。(2021/8/16)

データで気候変動やパンデミックの影響も判定 SASとトーマツが金融機関向けの信用評価ツールを発表
トーマツとSAS Institute Japanは、金融機関が貸出先の信用を評価するためのツールの開発とその導入に向けたサービスを開始する。金融機関向けにそれぞれリスク評価ツールを提供してきた両社のノウハウを組み合わせた。(2021/8/16)

96時間以内の浸水リスクをピンポイント予測 ウェザーニュースに新機能
気象情報サービス「ウェザーニュース」に、地域別の浸水被害リスクを予測する新機能。96時間以内の浸水被害のリスクを2段階で予測する。(2021/8/13)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
売れる人がやっているたった四つの繁盛の法則とは?
売上とはあなたの誠実さを証明し、利益とは知恵の深さを測るもの。一生懸命に頑張っているのに、成果として表れないのは、ただ、誠実さと知恵深さを発揮する角度が違うのかもしれない。(2021/8/5)

熱海市の土石流災害から見えた、テクノロジーと災害対策 VR空間で視察して分かったこと
危険な状況でも3Dデータがあれば、VR空間で現場に足を運ぶことができる。そこで考えたこと。(2021/7/30)

ブライアン・メイ、自宅が下水の氾濫被害に 思い出の品々台無しになった惨状公開し「夜も眠れない」
ブライアン「モップがけのスキルは確実に向上しているよ」(2021/7/16)

日銀、脱炭素融資後押しへ骨子案 大手銀も取り組み加速
日本銀行は15、16日に金融政策決定会合を開き、気候変動問題に対応する民間金融機関の投融資を促進する新たな資金供給策の骨子案を決める。大手銀行も再生可能エネルギー事業など環境分野の融資目標を設定して取り組みを加速しており、こうした金融機関を資金面で後押しすることで、脱炭素の動きを幅広い分野に波及させる狙いがある。(2021/7/14)

サイバーセキュリティ保険導入ガイド【第1回】
「サイバーセキュリティ保険」は何を補償するのか? 範囲と内容
セキュリティインシデントによる被害を抑えるためにはサイバーセキュリティ保険が有効だ。何が可能で何が不可能なのかを理解しよう。(2021/7/14)

水害の範囲を5分で推測・地図化、AIがSNSの画像を分析 氾濫被害の鹿児島県で
AIベンチャーのSpecteeは、鹿児島県薩摩川内市で10日に発生した河川氾濫の浸水範囲と深さをAIで可視化した地図を公開した。SNSなどから集めた画像から5分程度で作成したという。(2021/7/13)

自動車業界の1週間を振り返る:
FCAとPSAのステランティスも電動化加速、フレーム車もEV化
さて、今週も自動車業界は電動化に関するニュースが目立ちました。FCAとグループPSAが合併して発足したStellantis(ステランティス)が、電動化戦略と中期的な目標を発表しました。(2021/7/10)

SNSに投稿された画像などから「浸水深」を瞬時に割り出す:
2021年7月に平塚市で発生した河川氾濫の浸水推定図をAIで解析 Spectee
Specteeは、神奈川県平塚市で2021年7月3日に発生した河川の氾濫による周辺の浸水状況の推定図を公開した。同社のAIによるリアルタイム浸水推定技術を活用した。映像から浸水深を瞬時に割り出し、降水量や地形データなどと組み合わせて統合的に解析した。(2021/7/6)

契約期間は5年短縮:
自動車保険は値下げするのに、火災保険料がどんどん値上げするワケ
損害保険料算出機構が、火災保険の参考純率を全国平均で10.9%引き上げると発表。22年1月から値上げされる見通し。(2021/7/2)

災害に強いLP発電機に注目 産業から医療まで
大規模な風水害などに伴う停電への備えとして、災害に強いLPガスを活用した発電機に注目が集まっている。(2021/7/1)

プロジェクト:
海老名市で延べ12万m2超えの物流施設が着工、使用する電力は全て再エネ
三井不動産は、神奈川県海老名市で、2022年9月の竣工に向け、物流施設「三井不動産ロジスティクスパーク海老名I」の開発を進めている。(2021/6/25)

「Go」を生かしたネットワーク運用管理【中編】
プログラミング言語「Go」は熱心な開発者ほど学習しにくい? その理由とは
エンジニアがプログラミング言語「Go」を学ぶ上での難しさとは何か。Goを用いたログ取得、分析の課題とは。専門家に聞いた。(2021/6/25)

マイボイスコム調べ:
火災保険契約会社の満足度 「ソニー損害保険」や「県民共済」の結果は?
マイボイスコムが「損害保険の加入」に関する調査を実施。火災保険を契約している保険会社の満足度は?(2021/6/24)

30時間前に洪水予測 東大など 自治体に情報提供へ
豪雨による洪水を早期に予測するシステムを東京大などが開発し、23日から自治体向けに警戒情報の提供を開始する。(2021/6/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。