ニュース
» 2017年01月25日 19時21分 UPDATE

場所をとらない洒落たサウンドバー、ソニーが発売

ソニーは薄型テレビ向けのサウンドシステムとして、「HT-MT500」および「HT-MT300」を発売する。インテリアのトレンドにマッチした丸みを帯びた柔らかなデザイン。深みのある暖かなカラーリングを採用したモデルだ。

[ITmedia]

 ソニーは1月25日、薄型テレビ向けのサウンドシステムとして、「HT-MT500」およびシンプルモデルの「HT-MT300」を発表した。いずれもコンパクトなバースピーカーと薄型のサブウーファーを組み合わせた2.1chシステム。3月11日からオープンプライスで販売する。市場想定価格は、HT-MT500が7万円前後、HT-MT300は3万3000円前後。

「HT-MT300」の設置イメージ

 HT-MT500のサウンドバーは、約500(幅)×64(高さ)×110(奥行き)mmの小型設計で、スペースの限られるテレビ台にも設置できるという。インテリアのトレンドにマッチした丸みを帯びた柔らかなデザインと深みのある暖かなカラーリングを採用。天面には合成皮革を採用するなど質感にもこだわった。

「HT-MT500」
amazon

 一方、ワイヤレスのサブウーファーは薄型設計。縦置き/横置きの両方に対応しており、サイズは縦置き時で約95(幅)×383(高さ)×380(奥行き)mm。横置きならソファーの下にも入るという。「レイアウトの自由度が大幅に向上した」(同社)

 サウンドバーには45mm径のコーン型フルレンジを搭載し、デジタルアンプ「S-Master HX」で駆動する。バーチャルサラウンド技術の「S-Force PROフロントサラウンド」で広がりのある音場を楽しめるほか、96kHz/24bitまでのリニアPCMやDSD(PCM変換)の再生にも対応。一方のサブウーファーは160mm径コーン型を搭載している。

上から見たところ

 入力はHDMIと光デジタル、アナログの3.5mmステレオミニ。BluetoothとNFCを内蔵しており、スマートフォンの音源をワイヤレスで手軽に楽しめる。“ハイレゾ級ワイヤレス”をうたうコーデック「LDAC」にも対応した。

 ソニーの独自アプリ「SongPal Link」もサポート。ネットワークを利用して「ワイヤレスラウンド」や「ワイヤレスマルチルーム」といって機能を利用できる。ワイヤレスサラウンドは、別売の対応スピーカーを追加すると、HT-MT500のリアスピーカーとなり、4.1chサラウンドが楽しめるというもの。一方のワイヤレスマルチルームは、モバイルデバイスからのアプリ操作でPCやNASに保存している楽曲をネットワーク内にある複数の対応スピーカーから再生できる機能だ。家中どこでもお気に入りの楽曲を楽しめる。

ほぼ同サイズの低価格モデル「HT-MT300」も

「HT-MT300」のクリームホワイト
amazon

 一方のHT-MT300は、ハイレゾ音源再生や「SongPal Link」といった機能を省いた低価格モデルだ。より幅広いユーザー層に訴求するため、こちらは「チャコールブラック」のほかに「クリームホワイト」もラインアップした。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう