ニュース
» 2017年07月04日 11時48分 UPDATE

エルゴノミクスデザインの“奏でる枕”「PILO」発売

[ITmedia]

 二子玉川 蔦屋家電は、“奏でる枕”こと「PILO」を7月8日から国内独占販売を開始する。2016年に枕として初めてドイツの「レッド・ドット・デザイン賞」で大賞を受賞したエルゴノミクスデザインの枕。しかも自分だけに聞こえるように音楽を奏でるという。店頭価格は2万2000円(税別)。

“奏でる枕”こと「PILO」

 PIKOは、52面のダイヤモンドのような独特な形状を採用した枕。「どんな首や頭の形状にもピッタリとはまり、低反発素材と合わせて、これまでにない快適な寝心地を実現する」(同社)という。

 また40mm径のフルレンジドライバー2基を内蔵しており、スマートフォンなど接続機器の音楽を再生可能。入力は3.5mmステレオミニプラグで、スマートフォンなどと接続すれば音楽に包まれながら眠りにつくことができるという。30分、60分、90分の自動OFFタイマーも備えた。

スマートフォンと接続したイメージ

 さらにメーカーが提供するPILO専用スマートフォンアプリには「Ocean」「Forest」など7つの自然環境音をプリセット。PILO本体の外側には音が拡散しない音場設計により、近くで寝ている人に迷惑をかけにくい点も特徴だ。

 サイズは640(幅)×380(奥行き)×130(高さ)mm。重量は約2kg。枕カバーには綿含有量の高いコットンを採用しているためオールシーズンの使用が可能。取り外して洗濯もすることもできる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう