ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「アイドルマスター」が“新ブランドアプリゲーム”展開へ これは……学園モノ……?
バンダイナムコエンターテインメントは、ゲーム「アイドルマスター」シリーズの新作アプリゲームの予告動画を公開した。同シリーズの“新ブランドアプリゲーム”と銘打っており、映像では学校のような建物を確認できる。(2024/2/26)

陽キャ向け?なAIアプリ「Cotomo」が話題 AIと雑談できる 「人と話しているみたい」など驚きの声
おしゃべりAIアプリ「Cotomo」がX上で話題になっている。人間同士が交わす何気ない会話をAIとの対話で再現できるというスマートフォンアプリ(iOS)。使ってみたユーザーからは「人と話しているみたい」など驚きの声が上がっている。(2024/2/26)

ゲオ、IP68等級の防塵/防水対応スマートウォッチ2種を限定販売 ワイヤレスイヤフォンを“内蔵”できるモデルも
ゲオは、IP68の防塵(じん)防水規格に準拠した「スマートウォッチタフ」、重量約2gワイヤレスイヤフォンを内蔵できる「TWS スマートウォッチ」を限定販売する。(2024/2/22)

世界の展示会で見たモノづくり最新動向(2):
電動化の先へ、自動車業界で加速する脱炭素技術開発 CES 2024レポート(後編)
この連載では、MONOistとSalesforceのインダストリー専門家が協力して、世界各地の展示会から業界の最新トレンドをお届けします。前回に続き、2024年1月9日〜12日にかけて米国のラスベガスで開催されたCESより、第2弾では自動車業界の脱炭素化のトレンドについて紹介します。(2024/2/20)

NEWS Weekly Top10:
今あえて「mixi」をやってみて気づいた、あのころの良さ
最近筆者は、往年のSNS「mixi」を本格的に再開している。mixiのスタートは2004年。“Web2.0”としては先進的なサービスだった。当時最先端だったサービスを20年後にやってみたら、意外な感情がわき起こってきた。(2024/2/19)

対談企画「CEOの意志」:
バッテリーシェアリング誕生の裏側 ラッパーから起業したCEOの戦略
今回対談したのは、ChargeSPOTの設置台数日本一を誇るINFORICH社の秋山広宣CEOだ。秋山CEOはトリリンガルラッパーの「日華」として活躍後、2015年に創業。18年4月からサービスを開始したChargeSPOTの成功によって、22年12月に上場を果たした。短い期間で事業を大きく成長させた秘訣に迫る。(2024/2/16)

Google、マルチモーダル生成AIモデル「Gemini」のアプリ発表 「Bard」の名称変更も
米Googleは2月8日(現地時間)、マルチモーダル生成AIモデル、「Gemini」のスマートフォン向けアプリを発表。高性能AIモデルがモバイルデバイスに開放された格好。合わせて、常に複雑なタスクに対応する、高性能かつ最大のモデルである「Gemini Ultra 1.0」を搭載した「Gemini Advanced」も発表された。(2024/2/8)

家電の運転データから症状を診断する機能、日立がスマホアプリに追加 修理依頼も
日立GLSは8日、家電ユーザー向けスマートフォンアプリ「ハピネスアップ」に、ネット対応家電の診断機能を追加すると発表した。(2024/2/8)

「ViXion01」の今までにない感覚が人生の選択肢を拡大 オートフォーカスアイウェアでライフスタイルが変わる
老眼鏡や拡大鏡の付け替えは非常に面倒だが、オートフォーカスアイウェアの「ViXion01」がそれらの悩みを解決してくれそうだ。実機を試して分かったことをまとめた。(2024/2/8)

5年後にアクティブユーザー100万人を目指す:
JDIが健康見守りサービスを発表、OPD生体センサー搭載スマートリングで実現
ジャパンディスプレイ(JDI)は2024年2月6日、有機光検出器センサーを搭載したスマートリングを使った健康見守りサービス「Virgo(ヴァ―ゴ)」を発表した。2024年2月から企業/団体向けにトライアル提供を開始する。(2024/2/8)

デジタルチャネル進化、ユーザー体験向上
イオン銀行がマイクロサービスでデジタルチャネルを進化させた理由と挑戦の軌跡
「親しみやすく、便利で、分かりやすい」銀行をめざし、先行してDXを推進しているイオン銀行。お客さまにより良い体験を継続的に提供すべく、従来のシステム構成を刷新する「マイクロサービス化」を決断した。挑戦の道のりを追った。(2024/2/8)

現場管理:
3.11復興工事にあたる従業員の健康状態を遠隔で常時把握、鹿島建設と稲村屋
鹿島建設は、遠隔地に赴任する従業員の適切な健康管理のために、東京本社の健康管理センターに居ながら常時把握できるシステムの運用を開始した。システムでは、心電図、血圧、脈拍、体重などのバイタルデータと、服薬、運動、飲酒、睡眠などの生活情報をWebブラウザで確認して、健康状態をリアルタイムで管理する。(2024/2/7)

ウェアラブルニュース:
JDIがスマートリングによるセルフケアサービス発表、独自開発のOPDセンサー搭載
ジャパンディスプレイ(JDI)は、フレキシブル基板上に形成したOPD(有機光検出器)センサーを搭載するスマートリングを用いた企業/団体向けの健康見守りサービス「Virgo(ヴァーゴ)」を発表した。(2024/2/7)

楽天のオンラインストレージ「楽天ドライブ」本格始動 10GBの無料プランも
楽天シンフォニーは6日、オンラインストレージサービス「楽天ドライブ」の本格提供を始めたと発表した。(2024/2/6)

医療機器ニュース:
3D計測用スーツを用いて、高精度かつ短時間でリンパ浮腫四肢を測定
ZOZOとがん研究会 有明病院は、3D計測用ボディースーツ「ZOZOSUIT」とスマートフォンアプリを用いた四肢周径測定法について、リンパ浮腫の評価システムとして有用である可能性が示されたと発表した。(2024/2/5)

「自由に使って壊せる環境」が日本のITを救う?:
PR:SoftEtherの登 大遊氏が語る、「日本のITエンジニアに迫る危機」とは
SoftEtherの開発や中国の「グレートウォール」のハッキングで知られる登 大遊氏は、ゲットイット主催のWebセミナーで、日本のITエンジニアに求められる「トライ&エラーの思考法」について語った。(2024/2/2)

「パルワールド」の偽アプリに運営会社が注意喚起 「スマホアプリは配信してません」
ポケットペアは31日、PC向け3Dオープンワールドゲーム「Palworld(パルワールド)」の偽アプリを確認したとして注意喚起した。(2024/1/31)

Mac40周年:
あの時、Appleは何をしていたのか 数々のデジタル革命をApple視点で振り返る(後編)
初代Macintoshがデビューしたのは、今から40年前の1984年1月24日だ。その歴史は山あり谷ありだったが、次の50周年に向けて歩みを振り返ってみた。(2024/1/31)

日立が産業プラントにAI活用 「現場拡張メタバース」で業務効率化
日立製作所は現場データの収集技術や先端AI技術を活用し、製造業などの現場で業務を迅速に進める「現場拡張メタバース」を開発した。現場拡張メタバースの全容をレポートする。(2024/1/31)

講談社、「週刊少年マガジン」4冊分と「別冊少年マガジン」2月号を無料公開 能登半島地震を受けて
講談社は30日、「週刊少年マガジン」の6〜9号と「別冊少年マガジン」2月号を自社のスマートフォンアプリで順次無料公開すると発表した。(2024/1/30)

製品動向:
現場のコミュニケーションの課題を音声技術で改善、NTTソノリティが参入
NTTソノリティが法人向けの音声DX事業に参入した。現場向けの音声コミュニケーションツールを展開するBONXを関連会社化し、建設業や製造業、医療業界などのデスクレスワーカーを対象としたNTTソノリティ初のサービス事業「ゼロから始めるNTTの現場DX」を開始した。(2024/1/30)

ZOZOSUITで“むくみ”測定 がん術後の「リンパ浮腫」評価システムを検証
「ZOZOSUIT」と、専用に開発したスマートフォンアプリを使い、がん術後の二次性リンパ浮腫患者の手足の周囲を測定する検証。(2024/1/29)

製造業DXプロセス別解説(7):
「改善」と「イノベーション」の両輪で推進するディスクリート系製造DX
製造業のバリューチェーンを10のプロセスに分け、DXを進める上で起こりがちな課題と解決へのアプローチを紹介する本連載。第7回は、実際にモノづくりを行う「生産」の「ディスクリート系製造」を取り上げる。(2024/1/29)

ラブライブ!のスマホアプリ「スクフェス2」、3月末でサービス終了へ わずか1年での幕引きに
ブシロードは、スマートフォン向けアプリ「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル2 MIRACLE LIVE!」(iOS/Android)のサービスを3月31日で終了すると発表した。(2024/1/25)

株式会社AIoTクラウド提供ホワイトペーパー:
PR:アルコール検知器による酒気帯び確認の義務化、早朝深夜の対応を楽にするには
2022年4月から白ナンバー事業者に対するアルコールチェックが義務化され、2023年12月からは検査時のアルコール検知器の使用が必須となった。早朝深夜の測定結果確認は管理者の負担増が懸念されるが、先行企業はどう対処しているのか。(2024/1/25)

TVer、2023年12月の月間ユニークブラウザ数(MUB)が3129万になったと発表
民放公式テレビ配信サービスのTVerは、2023年12月における月間ユニークブラウザ数(以下、MUB)が3129万MUBと初の3100万台超えとなり、前の年の同じ月と比べて約124%を達成したことを発表。月間再生数も3.98億回を突破したことも明らかにした。TVerは1月17日のニュースリリースで利用率増加に取り組む考えを示している。(2024/1/22)

JRA、スマホアプリにOracle Cloud採用 100万人の利用を想定した認証基盤で
日本中央競馬会(JRA)の公式スマートフォンアプリ「JRAアプリ」が、認証基盤にOracle Cloudのサービスを採用した。(2024/1/19)

導入事例:
レオパレス21、20万戸超にスマートロック導入 年間約10万時間の業務削減
レオパレス21の管理物件でスマートロック導入件数が20万戸を超えた。入居者の利便性を向上するとともに、同社における鍵関連業務を年間約10万時間削減するなど業務効率化にもつながっている。(2024/1/17)

デジタル変革の旗手たち:
存亡の危機感がDX推進の原動力――大日本印刷 金沢貴人氏
1876年に東京・銀座で秀英舎として発足し、約150年の歴史を持つ大日本印刷(DNP)。現在、DNPグループでは、「未来のあたりまえをつくる。」というブランドステートメントを掲げ、事業戦略、財務戦略、非財務戦略を推進している。取り組みの一環として展開している、DX推進、生成AI利活用、プラットフォーム事業について、ITmediaエグゼクティブ プロデューサーの浅井英二が話を聞いた。(2024/1/17)

Tech TIPS:
地味に便利 Microsoft Edgeの「Webサイトのアプリ化」機能
さまざまなWebサービスが提供されており、Webブラウザだけで作業できるほどになってきている。しかし、Webサービスを開くには、Webブラウザを起動し、ブックマーク(お気に入り)などから該当するWebサイトを選択し、といった手間がかかる。アプリケーションのように[スタート]メニューやタスクバーのピン留めから起動できたら便利だと感じたことはないだろうか。実は、Microsoft Edgeの「アプリとしてインストール」機能を使えば、Webサイトをあたかもアプリのように利用できるようになる。この機能の使い方を紹介しよう。(2024/1/12)

レオパレス21、スマートロック導入で年間10万時間の業務を削減 設置戸数は20万超に
レオパレス21は10日、管理物件へのスマートロック設置戸数が20万戸を超えたと発表した。これにより年間で約10万時間の業務削減効果があったとしている。(2024/1/11)

TポイントとVポイントが4月22日に統合、「青と黄色のVポイント」へ
ポイントと決済が融合した新たな共通ポイントサービスが誕生し、各種サービスの名称やロゴが変更となる。(2024/1/10)

「Tポイント」名称消滅、4月22日に 青と黄色の「Vポイント」へ統合
CCCMKホールディングスと三井住友カードは、両社のポイントサービス「Tポイント」「Vポイント」を4月22日に統合する。これによりTポイントの名称は消滅し、「Vポイント」に統合されることになる。(2024/1/9)

TポイントとVポイント、4月22日に「Vポイント」へ アプリもリニューアル
CCCMKホールディングスと三井住友カードは、4月22日から新たな「Vポイント」を開始。TポイントとVポイントの名称とロゴは、自動的に青と黄色のVポイントへ変更される。(2024/1/9)

医療機器ニュース:
室外から確認可能なワイヤレスCO2濃度計を一般向けに発売
ユニ電子は、二酸化炭素(CO2)濃度や温度、湿度などの個室の室内環境を室外から確認できるワイヤレスセンサー「Canary+」を一般向けに発売する。部屋の換気する際の明確な指標として利用できる。(2024/1/9)

「スイカゲーム」公式スマホアプリ、ついに登場 iOS版を配信開始
Aladdin Xは1月1日、Nintendo Switch向けに配信中のゲーム「スイカゲーム」のiOS版を公開したと発表した。価格は240円。(2024/1/1)

異色のガラケー型スマホ「Mode1 RETRO II」を試す “ケータイユーザー視点”で感じたこと
P-UP World(ピーアップワールド)が2023年10月20日に発売した「Mode1 RETRO II MD-06P」。昨今では珍しい折りたたみ型かつテンキー付きの携帯電話端末だ。フィーチャーフォンを持つ筆者から見た携帯電話としての使い勝手をレビューする。(2023/12/29)

デジタルツイン:
日立が原発をWebベースのメタバース空間に再現 生成AIで設備や点検の情報を抽出
日立製作所は、インフラ維持管理の現場データをデジタルツインで収集し、情報共有や合意形成を効率化するWebベースの「現場拡張メタバース」を開発した。設備や点検などの日々蓄積されていく情報は、生成AIで施主も含め関係者が必要なデータに容易にアクセスできる。(2023/12/26)

現場管理:
教育型建設業マッチングサービス「現場のヒーロー」が「WORK DESIGN AWARD」受賞
野田配管工業が提供する教育型建設業マッチングサービス「現場のヒーロー」が、SmartHRの「WORK DESIGN AWARD」PRODUCT部門を受賞した。(2023/12/25)

サンタのそり、太平洋を南下中 航空機追跡サイト「フライトレーダー24」に機影
「サンタさん来てくれるかな?」──そんな子供達にサンタさんの現在地を教えてあげるといいかもしれない。世界には「サンタトラッカー」(サンタ追跡)と呼ばれる便利なWebサイトがある。(2023/12/24)

試験導入:
東京メトロ、スマホをかざすと駅の情報が文字で表示 専用アプリは不要
ヤマハと東京地下鉄は、駅構内のアナウンス音声を専用アプリ不要でスマートフォンに文字表示して案内する「SoundUD」の多言語アナウンスサービス「みえるアナウンス」を発表した。(2023/12/23)

グッドパッチとUXの話をしようか:
「たまごっち」ブーム再来 25年も経つのに、なぜ大人も夢中になるのか?
発売から約25年経つ「たまごっち」が子供だけでなく、大人からの支持を集めています。その理由を「ユーザーが行動を起こすために必要な3条件」からひも解いていきます。(2023/12/22)

楽天ペイ、国税のスマホアプリ納付に対応 楽天ポイントや楽天キャッシュも利用可能
楽天ペイメントは、キャッシュレス決済サービス「楽天ペイ」で国税のスマートフォンアプリ納付に対応した。納付時には楽天ポイントや楽天キャッシュも利用可能だ。(2023/12/21)

「VMware Explore 2023 Tokyo」開催:
PR:日本総合研究所とNECが語る、「AI」「マルチクラウド」活用の今
VMwareの年次イベント「VMware Explore 2023 Tokyo」が2023年11月14〜15日に開催された。基調講演に登壇した日本総合研究所の真壁 崇氏と日本電気の小玉 浩氏が、AIやマルチクラウドにどう取り組み、成果を挙げているのか紹介した。(2023/12/27)

“家庭用囲碁ロボット”発売へ AI&ロボットアームが自力で打つ 価格は16万5000円
中国SenseRobotは、家庭向け囲碁ロボット「SenseRobot Go」を発表した。視覚と判断能力を備えたAIと、石を指せるロボットアームを備えており、ロボットと囲碁で対戦できる。2024年1月5日から高島屋などで発売予定で、価格は16万5000円。(2023/12/20)

2023国際ロボット展:
機能安全対応の無線非常停止やAGVのAMR化など、“痒い所”を突くパナソニックAD
パナソニック アドバンストテクノロジーは「2023国際ロボット展」のパナソニックグループブースにおいて、機能安全対応の無線非常停止デバイスや、自律移動ロボット(AMR)向けソフトウェアパッケージなど、ロボット開発において“痒い所に手が届く”技術や製品、サービスなどを出展した。(2023/12/20)

製造業メタバース:
日立が「現場拡張メタバース」で原発原寸模型を移設、生成AIも活用
日立製作所は、現場業務を迅速に進めるために開発に取り組んできたメタバース技術を組み合わせ、産業分野での活用を想定した「現場拡張メタバース」を開発したと発表した。(2023/12/19)

福田昭のデバイス通信(436) 2022年度版実装技術ロードマップ(60):
多ピン小型パッケージ「FO-WLP」の信頼性問題とその対策
今回は初期の「FO-WLP」で生じた信頼性の問題と、問題を解決した組み立てプロセス、再配線層(RDL)を微細化したプロセスを解説する。(2023/12/19)

性的同意サービス「キロク」提供開始 公式キャラ登場、LINEスタンプも
性交渉に同意した記録を残すサービス「キロク」が14日、Webサービスとして正式に提供を始めた。公式キャラクターも公開し、LINEスタンプの提供も予定している。(2023/12/14)

第8回 JAPAN BUILD TOKYO:
日立、ビルOS「BuilMirai」で設備を統合管理 芝浦プロジェクトに採用
日立製作所は、野村不動産の「芝浦プロジェクト」に導入が決まったビルOS「BuilMirai(ビルミライ)」で、建物設備の統合管理によるスマートビル化を提案している。(2023/12/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。