ニュース
» 2017年09月07日 16時36分 公開

きっと世界初、ねこ標準搭載のロボットクリーナー

猫好きなら誰もがあこがれる“ルンバ猫”。それを忠実に再現したロボット掃除機が登場します。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 猫が乗ったロボット掃除機の動画をご存じでしょうか? 「YouTube」などの動画共有サイトで「ルンバ 猫」などのキーワードで検索するとたくさん出てきます。猫がかわいいのはもちろん、忙しく動き回るロボット掃除機とマイペースな猫の対比がユニークで人気を集めています。

 猫好きのあこがれ、そしてロボット掃除機を購入したら1度は見てみたい通称“ルンバ猫”ですが、一方でさまざまな理由から猫を飼えない人もいます。でも安心してください。玩具メーカーのシャインが、最初から猫(のフィギュア)を乗せたロボットクリーナー「ルンルンクリーニャーD」を開発しました。猫アレルギーの人でも問題なく導入できる安心設計です。

「ルンルンクリーニャーD」。“D”は某コスモクリーナーから拝借したと思われます

 ルンルンクリーニャーDは、机の上を動き回り、消しゴムのくずや折れたシャーペンの芯などゴミを取り除く“卓上クリーナー”。105(幅)×130(高さ)×110(奥行き)mmという小さな筐体なので、掃除機のようなバキューム機構は持っていませんが、障害物や机の端を感知して向きを変えるなど、ロボット掃除機っぽい動きをします。

底面にある回転するブラシがゴミを描き込むシンプルな造りです。電源は単四形乾電池3本(別売)

 一方で、ルンバやルーロ、ダイソン「360Eye」といったロボット掃除機にも未だ採用されていない特別な機能を備えていました。まず、稼働中に猫の額に触れると「にゃあん」と鳴いて向きを変えます。おでこを1秒以上タッチすると、その場でぐるぐるまわって「にゃあ〜ん」と長く鳴きます。もちろん意味などありません。かわいいだけです。

 ルンルンクリーニャーDは10月21日発売。価格は2480円(税別)です。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう