ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ルンバ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ルンバ」に関する情報が集まったページです。

テレワーク時代のスマート家電:
スマートディスプレイとスマートセンサーで防犯対策! 快適在宅ワーク
スマート家電を活用することで、少しでも在宅ワークを快適にしていこうという本連載。今回はスマートホーム化する中で避けては通れない、ボトルネックとなる製品にフォーカスした。(2021/2/25)

ルンバ、国内累計出荷が400万台超え 2年で100万台増
アイロボットジャパンがロボット掃除機「ルンバ」と床ふきロボット「ブラーバ」を合計した国内累計出荷台数が2020年12月までに400万台を超えたと発表した。(2021/2/17)

ファブリック調の「ルンバ i3+」発売 自動ごみ収集機付きで10万円切る
アイロボットジャパンはロボット掃除機「ルンバ i3+」を2月26日に発売する。ルンバが戻ってくると自動でごみを吸い出す「クリーンベース」付きで価格は9万9800円(税込)。(2021/2/17)

仲里依紗、息子と一緒に“モザイクだらけ”のルームツアー 「汚くて見せられないです!」「ママが買いすぎだから」
楽しそうでよき。(2021/2/10)

アイロボットがプログラミング教育用ロボ発売 アプリで機能をカスタム 走って光って音も鳴る
アイロボットジャパンが、プログラミング教育向けロボット「Root」を発売する。専用アプリで「走る」「点灯する」といった動作をプログラムできる。価格は2万9800円。(2021/1/19)

NTTドコモ、カメラやVR機器のレンタルサービスを提供へ 21年3月から
NTTドコモが、カメラやVR機器、プロジェクターといったデバイスのレンタルサービスを2021年3月に始めると発表。高精細映像の伝送に対応する5G通信の広がりに合わせ、映像デバイスの利用促進や普及につなげるという。(2020/11/5)

ルンバ「動けません」と連絡→犯人は猫ちゃんだった! 猫VSルンバの負けられない戦いがかわいい
ネコとルンバは共存したり、遊ばれたり。(2020/11/3)

猫「チョイチョイ……」→「ンギャッ!(発射)」 起動したルンバに驚き飛んでいってしまう猫ちゃん
さすが猫、反応速度が早すぎる。(2020/10/29)

Amazonプライムデー、外部事業者の売上が前年比60%増 日本では過去最大に
米Amazon.comが、13〜14日に実施した「プライムデー」での外部事業者の売上が約35億ドル(前年比約60%増)だったと発表。同社は今回、初の取り組みとして、中小事業者の商品を買ったユーザーにクーポンを配布していた。(2020/10/16)

【Amazonプライムデー】年間最大級のビッグセール「プライムデー」がいよいよスタート! ルンバやMacBook Proなどがさっそくセール価格で登場
サイバーマンデーと並ぶ大型セール!(2020/10/13)

Amazon限定モデル「ルンバ692」がプライムデーのタイムセールに登場! 13日0時から14日までの期間限定で2万4800円
ルンバのおすすめモデル。(2020/10/13)

Amazonプライムデー直前! Echo DotやMacBook Pro、ルンバ692などセールに登場予定の目玉商品まとめ
狙っている商品は「ほしい物リスト」へ。(2020/10/12)

Innovative Tech:
ロボットが家具を再配置してバーチャル空間をリアルに演出 コロラド大「RoomShift」発表
ロボットがVRユーザーを先回りして家具を再配置する。(2020/9/7)

【Kindle Unlimitedで読めるマンガ】野原広子入門にぴったり『お仕事はじめました!』
スーパーで働く人たちの仕事と家庭。(2020/9/3)

アイロボット「ルンバ」にAI機能が追加 「ソファの周りのみ掃除」「夕食後に掃除」などが可能に
ロボット掃除機ルンバなどを開発するアイロボットが26日、「史上最大」と銘打ったソフトウェアアップデートを発表。個人のライフスタイルに合わせたパーソナライズされた清掃体験を提供するという。アップデートは26日から順次配信される。(2020/8/26)

ルンバ、家具認識や掃除スケジュール提案など追加 挽野社長「アイロボット史上、最大のアップデート」
アイロボットジャパンが、ロボット掃除機「ルンバ」「ブラーバ」のソフトウェアアップデートを公開した。AIの活用で、掃除スケジュールの提案、家具の画像認識、進入禁止エリアを自動で見つけるなどの新機能を追加した。(2020/8/26)

あなたの今週の運勢は? ねとらぼ12星座占い【8月10日〜8月16日】
(2020/8/10)

ニコスターインタビュー:
ニコラップの先駆者“らっぷびと”はなぜネットにラップを投稿したのか 1曲の投稿きっかけに人生が変わった瞬間
らっぷびと誕生の陰には伝説のサイト「歌詞→HIPHOP系」の存在がありました。(2020/8/29)

テレワーク時代のスマート家電:
テレワーク中のストレスを減らすべく、掃除の自動化と洗濯機のスマート化に挑戦した
緊急事態宣言の解除後も、在宅でのテレワークが続いている人が多いだろう。兼ねてからストレスに感じていた、掃除と洗濯についてスマート家電を導入して、快適な日常を手に入れるまでをお届けする。(2020/7/21)

本格派だ……! 『ちゃお』8月号付録「サーティワンアイスクリーム×ちゃお ひんやり〜アイスせんぷうき」が超かわいい
首掛けひもやスライドカバーも完備した実用的プロダクト。(2020/7/7)

クラウド×ロボットの現在(2):
品質確認の時間も短縮、ルンバも使ったクラウドシミュレーターの可能性とは
クラウドを活用してロボットの開発や運用、管理を行うクラウドロボティクス。連載第2回ではAWSのシニアアーキテクトがクラウドシミュレーターの種類や活用方法の紹介を行う。(2020/6/23)

ヒンヤリがたまらんのニャ…… ニトリの「Nクール」で表情がとろける猫ちゃんが目撃される
気持ちよさの説得力がすごい。(2020/6/21)

またまた超ハイスペック家電がふろくに!「ちゃお」6月号ふろくはセンサー付きルンバ風「おそうじロボ」
消しゴムのカスをハイテクおそうじロボで掃除する時代。(2020/5/4)

彼氏(ルンバ)との恋愛を描くジョーク動画がロマンチック 数週間の自宅待機でルンバ以外に会う機会がなくて制作
すてきな恋人。(2020/4/18)

ロボットの自律走行を目指す
竹中工務店が建築ロボットの制御を「AWS RoboMaker」で実現へ 効果と課題は
建築現場用ロボットと、その制御システム「建築ロボットプラットフォーム」を開発する竹中工務店。それらの中核要素として採用したのが「AWS RoboMaker」などのAWSサービスだ。選定理由とメリット、課題を整理する。(2020/4/8)

IT用語解説系マンガ:食べ超(181):
テレワーク導入でオフィスが野生動物のオアシスに!
無人のオフィスで、ルンバとカブトガニを飼うことにしました。※皆さんご存じかとは思いますが、本作はフィクションです。(2020/2/26)

丸くない「ルンバ」登場 シリーズ初、D型シェイプで「もっとごみに近づける」
アイロボット ジャパンはD型形状になったロボット掃除機「ルンバ s9+」を2月28日に発売する。進行方向にある壁や家具との距離を認識し、壁際や部屋の隅まで入りこむ。(2020/2/19)

「テラスハウス東京編」ここに来て噴出する“水回り問題” 必要なのは相互理解ではなく食洗機
テラハ東京編31話でまたも爆発した「水回り」の不満。(2020/1/28)

【Amazonサイバーマンデー】家電買い換えなら今! テレビ、冷蔵庫、ルンバなど家電系ピックアップ
ソニーやシャープ、パナソニックなどの家電も大量セール中。(2019/12/7)

「猫の学習能力やばい」「ここまで進化したのか……!」 飼い主をたたき起こすためにルンバの起動を覚えた猫ちゃん
これは賢い。(2019/12/5)

今年最後のビッグセール! Amazon「サイバーマンデー」は12月6日から Kindleストアでは先行して最大60%OFFセールも
ブラックフライデーの興奮さめやらぬ間に。(2019/11/28)

歴代「ルンバ」がガシャポンに! プルバックで走れる仕様
1/7スケール、全長約50ミリのミニチュアサイズだけど、とってもリアル。(2019/11/13)

ルンバ、ガシャポンになる
バンダイは、ロボット掃除機「ルンバ」シリーズを7分の1スケールで再現した「ガシャポン iRobot Roomba」を11月第2週に発売する。全4種で価格は1回300円(税込)。(2019/11/6)

壊れたルンバをリモコン式に魔改造 目と2本の腕を得て器用に物を積む第2の生へ
「パーフェクトルンバだ」「発展させたらロビタになりそう」と評判です。(2019/11/2)

ルンバに「進入禁止エリア」を設定できるアップデート、提供開始
アイロボットジャパンは、指定した場所に「ルンバ」が進入しなくなる「進入禁止エリア」機能の提供を始めた。「ルンバi7」と「ルンバi7+」、ふき掃除ロボットの「ブラーバ ジェット m6」が対象。(2019/10/8)

【Amazonタイムセール祭り】増税前最後のビッグセール3日目! Fire TV Stickが3980円、PS4本体がお買い得など
セール3日目!(2019/9/22)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
出版不況の中でヒットを連発――秘密は「編集思考」による新たな価値の創出
出版不況といわれる中で、ヒット作を続々輩出しているアスコム。どうしたら多くの人に読んでもらえるか、考えて、考えてたどり着いたのは……。(2019/8/14)

「び、びっくりニャ」 身も心も全開でくつろいでいた猫ちゃん、飼い主さんに見られてフリーズしてしまう
気まずいニャ。(2019/8/10)

ロボット開発ニュース:
ルンバの仕事が終わったら自動で拭き掃除開始、ブラーバジェットの旗艦モデル登場
アイロボットジャパンは2019年7月23日、東京都内で記者会見を開き、床拭きロボットのフラグシップモデル「ブラーバジェットm6」を発表した。(2019/7/24)

床掃除の「掃いて拭く」がワンタップ、「ルンバi7+」と連携する「ブラーバ ジェットm6」登場
アイロボットジャパンが床ふきロボット「ブラーバ ジェットm6」を発表。「ルンバ i7+」と連携し、掃き掃除が終わると自動的にふき掃除を始める。(2019/7/23)

ヒカキン家の猫「まるお」と「もふこ」が1歳に 誕生日プレゼントのキャットタワーを気に入ってくれるのか!?
お誕生日おめでとう!(2019/6/21)

ロボット掃除機「ルンバ」にサブスクプラン 月額1200円から 8日スタート
アイロボットジャパンがルンバの月額利用サービス「Robot Smart Plan」を提供開始すると発表した。(2019/6/4)

お掃除ロボだってかまってほしい きっと物を大切にしたくなる擬人化漫画
失敗して落ち込んでしまう姿がなんともかわいい。(2019/4/17)

井上陽水のツアーグッズ あの名曲をネタにしたキーホルダーにTwitterで「最高」「ほしい」の声
公式さんの遊び心よ。(2019/4/10)

5分で知るモバイルデータ通信活用術:
据え置きだけではもったいない! 「Home」をモバイルして離島へGO!
「Home」と名乗るガジェットは、大抵モバイル向きではありません……が、あえてモバイルしてみるとどうなるのでしょうか。旅行で訪れた宮古島(沖縄県)で試してみました。(2019/4/3)

目に見える自動化と、目には見えない自動化の違い
人間、チャットbot、協働ロボットが共存する労働環境に必要な管理スキルとは
チャットbot、協働ロボット、人工知能(AI)が仕事に及ぼす影響、そしてデジタルな労働力が人間の職場に混在する環境には新たな管理スキルが求められる理由について、エキスパートに話を聞いた。(2019/3/29)

ネット恒例「オタク川柳大賞」から見えたオタク社会 平成最後に主催とともに振り返る
主催のインターネットサービスプロバイダー「インターリンク」に取材しました。(2019/3/22)

製品分解で探るアジアの新トレンド(36):
勝負は決まった? 魅力ある「お掃除ロボット」市場での半導体情勢
現状、お掃除ロボットに強い半導体メーカーはどこか? 今回は、さまざまなお掃除ロボットを分解、調査して浮き彫りになってきた事実をレポートする。(2019/3/1)

ロボット開発ニュース:
処理能力が30倍の新型ルンバ、部屋データでスマートホームの基盤を狙う
アイロボットジャパンは2019年2月19日、ロボット掃除機「ルンバ」のフラッグシップを担う新型モデル「ルンバi7」「ルンバi7+」を発表した。家の間取りをマッピングし部屋の状況を記憶する機能を備え、「家のマップデータ」でスマートホームのプラットフォームになることを狙っている。(2019/2/20)

「もう床掃除を気にする必要はない」 家の間取りを覚える「ルンバi7+」発売 自動ゴミ収集機も
アイロボットジャパンが新しいフラグシップモデル「ルンバi7+」を発表した。家の間取りを記憶して掃除効率を上げたほか、ゴミ捨ても半自動化。「もう床掃除を気にする必要はない」という。(2019/2/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。