ニュース
» 2017年09月28日 18時43分 公開

シャープ、初のAndroid TV搭載アクオスを投入――専用アプリやコンテンツサービスも開始

シャープが初のAndroid TV搭載テレビ5機種を発表した。AI(人口知能)がユーザーの好みを学習し、おすすめの番組を知らせてくれる。

[ITmedia]

 シャープは9月28日、4K対応テレビ「AQUOS 4K」の新製品として、同社初のAndroid TV搭載モデル5機種を発表した。AI(人口知能)がユーザーの好みを学習し、おすすめの番組を知らせてくれる。専用アプリや各種コンテンツサービスも同時に提供する。

「COCORO VISION」に対応し、オススメ番組を音声で教えてくれる

 同社のAIoT(AI+IoT)サービス「COCORO VISION」に対応。クラウド上のAIが家族のよく見るテレビ番組や視聴する時間帯などを学習し、好みのジャンルやよく見るタレントが出演する番組があると家族それぞれに音声で知らせてくれる。また気になる番組の開始時刻になると通知するモバイル向け専用アプリも用意。Android版を11月中旬から、iOS版は「今後、用意する」(同社)という。なお、リストアップされる番組は放送前のものやVoDサービスのものに限られ、録画機能とは連携しない。

専用アプリ

 同時発表の「COCORO MUSIC」および「COCORO GAME」は、AQUOS 4K専用のコンテンツ配信サービスだ。COCORO MUSICはレコチョクが提供する定額制音楽配信で、650万曲以上を月額300円で利用できる。一方のCOCORO GAMEはブロードメディアGCの提供するクラウドゲームサービス「Gクラスタ」がベース。100タイトル以上を月額500円で楽しめる定額制のほか、単品販売(300円から)も行う。

上段が「UH5シリーズ」、下段は「US5シリーズ」

 Android TV搭載のAQUOS 4Kは、4K対応モデルのミドルレンジ「UH5シリーズ」と4K対応スタンダードモデルの「US5シリーズ」の2シリーズ5機種。実売想定価格はUH5シリーズが55V型の34万円前後から。「US5シリーズ」は50V型の22万円前後から。いずれも11月11日に発売する。

関連キーワード

AQUOS | Android TV | IoT | クラウド | G-cluster | レコチョク | VOD


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう