ニュース
» 2017年10月02日 23時39分 公開

シャープ、個人向けインターネットサービスを「COCORO+」ブランドに統合

シャープが個人向けのインターネットサービスを「COCORO+」(ココロプラス)ブランドに統合する。

[ITmedia]

 シャープは10月2日、個人向けのインターネットサービスを「COCORO+」(ココロプラス)ブランドに統合すると発表した。サービス名を変更するとともに新サービスも開始。同社が提唱する“AIoT”(AI+IoT)サービスとして再編する。

「COCORO+」のマーク

 まず同社の会員サービス「SHARP i CLUB」は「COCORO MEMBERS」(ココロメンバーズ)となり、Webサイトやサービス内容を再編。会員は共通のIDで複数のサービスにログイン可能になる。

 一方、電子書籍サービス「GALAPAGOS STORE」は「COCORO BOOKS」(ココロブックス)に改称。また液晶テレビ向けの「COCORO VISION」では、新たに音楽配信サービスの「COCORO MUSIC」(ココロミュージック)およびゲーム配信の「COCORO BOOKS」(ココロブックス)を11月にスタートするほか、キッチン家電の「COCORO KITCHEN」(ココロキッチン)では、料理キット宅配サービス「ヘルシオデリ」を10月19日に開始するなど拡充を図る。

サービス一覧

 同社では、改称とともに製品情報や購入履歴を踏まえた情報提供などを進め、「人に寄り添うIoTを目指す」としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう