ITmedia NEWS >
ニュース
» 2018年01月10日 18時16分 公開

CES 2018:2眼インカメラの「Xperia XA2 Ultra」に“耳をふさがない完全ワイヤレスイヤフォン”――Xperiaの注目製品

「Xperia XA2 Ultra」がインカメラをデュアルレンズにした理由。そして“耳をふさがない完全ワイヤレスイヤフォン”「Xperia Ear Open-style Concept」は完成間近か。

[山本敦,ITmedia]

 米国ラスベガスで開催されている「CES 2018」。各社とも新製品を数多く発表しているが、今回はソニーモバイルコミュニケーションズの新型スマートフォン「Xperia XA2 Ultra」と開発中の多機能イヤフォン「Xperia Ear Open-style Concept」を取り上げる。

イン側にデュアルレンズカメラを搭載した「Xperia XA2 Ultra」

 まずXperia XA2 Ultraは、Xperiaシリーズとして初めて800万画素と1600万画素の“デュアルレンズカメラ”を内蔵したモデルだ。ミドルレンジクラスのAndroidスマートフォンで、アメリカでは2月以降の発売を予定している。

 デュアルレンズのカメラユニットは「iPhone X」や「Galaxy Note 8」「Huawei P10」など人気のスマホに採用されているが、Xperiaには前例がない。海外向けの新製品でいよいよ搭載したわけだが、リア側のメインカメラではなく、フロント側を2眼としたところにこだわりがある。セルフィー(自撮り)で約120度の広角撮影が行えるため、大人数を一度に映せるというわけだ。“ボケ味”を加工、調整するための機能などは設けていない。

イン側のデュアルレンズカメラにより120度の広角セルフィー撮影が楽しめる

 本体はメタルをメイン素材として狭額縁に仕上げた。ディスプレイは6型のフルHDで、米Qualcommの「Snapdragon 630」を搭載し、OSは「Android 8.0 Oreo」。メインメモリは4GB、ストレージは32GB/64GBとなっている(microSDスロット付き)。重さは221g。指紋認証センサーは本体背面に設けられている。

背面側に指紋認証センサーを搭載する

 日本でも発売されれば人気が出そうに思うのだが、ソニーモバイルの担当者に聞いても「今のところは予定がない」という返答だった。国内向けの次期Xperiaにデュアルレンズカメラが採用されることになるのか注目したい。

Xperiaの完全ワイヤレスイヤフォン

 もう1つは、Xperiaシリーズの新しいスマートプロダクトとして開発が進められている「Xperia Ear Open-style CONCEPT」だ。ブース内には最終デザインに近いと思われる試作機が展示され、デモンストレーションを行っている。

Xperiaシリーズとして発売が予定されている完全ワイヤレスイヤフォン「Xperia Ear Open-style CONCEPT」

 特徴は、ソニーの研究開発プログラム「Future Lab Program」で開発された“耳をふさがないイヤフォン”の技術を用い、スマホの音楽や音声情報を聞きながら、外の音にも注意が向けられること。コミュニケーションデバイスを手がけてきたソニーモバイルのXperiaシリーズらしさが光る新感覚の完全ワイヤレスイヤフォンだ。

 また展示の説明に当たったスタッフによると、「本体に内蔵する様々な種類のセンサーにより、ユーザーの行動や状態をイヤフォンが把握し、自動的に情報をプッシュしてくれる機能が搭載される予定」という。自分で考えながらユーザーに心地よい使い勝手を提供するインテリジェントなイヤフォンになりそうだ。

充電器を兼ねた専用ケース

 本体の左右側面はタッチセンサー方式のリモコンになっているが、音声、または首を左右に振るヘッドジェスチャーによる操作にも対応が予定されている。また今年のCESのトレンドでもあるAIアシスタントを組み込む計画もあるという。

 商品化予定は時期、地域ともに未定とされたが、2月後半には「Mobile World Congress 2018」も控えているので、このあたりのタイミングでより具体的な内容が発表されるのではないだろうか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.