TEAC Hi-Res Style

時代を超えて支持されるTEAC(ティアック)のオーディオ機器。最新のハイレゾ対応コンポからポータブルプレーヤー、USB-DAC内蔵ヘッドフォンアンプなどの情報を集めました。アナログレコードをハイレゾ音源と比較したらどうなるの? そんな疑問にも答えます。

TEAC PICK UP

icon

ティアックの「HR-X101」は、デスクトップに置けるコンパクトなハイレゾ対応システム。初心者にもとっつきやすいシンプルな操作性とサイズを超えた音が特徴だ。さらに今回は、アナログターンテーブルの新製品「TN-570」とデジタル接続してレコードも聴いてみよう。(2016/2/24)

icon
野村ケンジプロデュース:

最近、アナログレコードが人気だ。ハイレゾ音源や、手軽なストリーミングサービスが簡単に使える現代にあって、なお人の心を引きつけるアナログレコード。その魅力を20代のオーディオファン2人に体験してもらった。(2016/1/27)

icon
野村ケンジの「ぶらんにゅ〜AV Review」:

独beyerdynamic(ベイヤーダイナミック)の「T1 2nd Generation」は、その名の通り、フラッグシップヘッドフォン「T1」の第2世代モデル。外観は変わらず、音も従来機の良い部分を継承しているが、明らかにサウンドキャラクターは変わっているのだ。(2015/11/25)

icon

ティアックからUSB-DAC搭載のネットワークオーディオプレイヤー「NT-503」が発売された。スマートフォンなどとの連携も高めなつつ、“いい音”を満喫するテクノロジーを詰め込んだ注目モデル。コンパクトなボディーに秘められたその実力に迫る。(2015/11/2)

icon
魅惑のバランス駆動:

人気の高いティアック“Reference 501”シリーズにヘッドフォンアンプ内蔵USB-DAC「UD-503」が仲間入り。新DACチップを搭載し、ヘッドフォンのバランス駆動にも対応した注目機種の実力は? 発売前にさっそく使い込んでみた。(2015/6/10)

TEAC NEWS

news138.jpg
和紙も付いてくる:

ビックカメラは、ティアック製のアナログターンテーブル「TN-300」の限定カラー、スカーレットモデルを3月26日に発売する。(2016/3/25)

news148.jpg

ティアックは、フルアナログヘッドフォンアンプ「HA-501」のスペシャルパッケージ「HA-501-SP」を発表した。オヤイデ電気製の電源ケーブル「Li/50 V4」をセットにしたモデル。(2016/3/16)

news139.jpg

ティアックは、DAC搭載ポータブルヘッドフォンアンプ「HA-P50SE」(Special Edition)に新色「レッド」を加えた。(2016/2/26)

news141.jpg

1月の「CES 2016」で注目を集めた「T 5 p 2nd Generation」の国内販売が決定。ポータブル機器でも駆動できる32Ωのインピーダンスはそのままに新しいチューニングで「極めてソリッドでバランスの良い音場表現を実現した」という。(2016/2/10)

news154.jpg
人造大理石の高級感:

ティアックがアナログターンテーブルの最上位機「TN-570」を正式発表。人造大理石のキャビネットと厚手のアクリル製プラッターが高級感を演出するベルトドライブ式プレーヤーだ。(2016/1/27)

news152.jpg

ティアックは、同軸2Wayユニットを搭載したブックシェルフ型スピーカー「S-300HR」を1月下旬に発売する。新たにチタン製の25mm径ドームツィーターを搭載して高域を伸ばした。(2016/1/13)

news151.jpg

ティアックは、ハイレゾ対応のCDマイクロコンポ「HR-X101」を1月下旬に発売する。コンパクトなボディーにUSB-DAC機能やCDプレイヤー、Bluetooth、ワイドFM(FM補完放送)対応のチューナーなどを詰め込んだ。(2016/1/13)

news150.jpg

ティアックは、独beyerdynamicのヘッドフォン「CUSTOM STREET」を発表した。よりコンパクトでスタイリッシュなデザインを採用したセルフカスタマイズモデルだ。(2016/1/13)

news149.jpg

ティアックは、独beyerdynamicの開放型スタジオモニターヘッドフォン「DT 990 PRO LIMITED EDITION」を1月下旬に発売する。黒を基調とした外観にリデザインされたスペシャルエディションだ。(2016/1/13)

news029.jpg
CES 2016:

ティアックは、「2016 International CES」にアナログターンテーブルの上位モデル「TN-570」「TN-550」を出展している。いずれもUSB経由のデジタル取り込み機能を搭載。上位モデルの「TN-570」は光デジタル出力から最大192kHz/24bitの信号出力に対応する。(2016/1/11)

news154.jpg
ワイドFM対応チューナー搭載:

ティアックが「Reference301」シリーズの新製品として「PD-301」を発表した。10月の「オーディオ&ホームシアター展2015」で参考展示したFMチューナー付きのCDプレイヤーだ。(2015/11/18)

news141.jpg
PC-Triple C採用:

ティアックは、USB-DAC搭載のプリメインアンプ「UD-501」および「UD-301」の両製品について、サエクコマースのUSBケーブル「SAEC SUS-380」を同梱したスペシャルパッケージ版を追加する。(2015/11/11)

news028.jpg
秋のヘッドフォン祭2015:

春のヘッドフォン祭でミニライブを行い、そのつながりでオリジナルヘッドフォンを販売して話題になった「かをる★」さん。実は、今回もオリジナルヘッドフォンの新バージョンが販売されていた。(2015/10/25)

news022.jpg
オーディオ&ホームシアター展2015:

「オーディオ&ホームシアター展」では未発表の新製品も多く見ることができる。ティアックブースでは、今年も3つの未発表製品が並んでいた。(2015/10/17)

news155.jpg

ティアックは、USB-DAC付きポータブルヘッドフォンアップ「HA-P50SE」(Special Edition)を9月下旬に発売する。(2015/9/11)

news153.jpg

ティアックは、ネットワークプレイヤーの新製品「NT-503」を9月下旬に発売する。A4サイズのコンパクトな筐体にDLNA 1.5準拠のネットワークプレイヤー機能とUSB-DAC、Bluetoothなどを詰め込んだ。(2015/9/11)

news118.jpg

ティアックは、「UD-503」の一部製品に動作不具合があると発表した。LINE INへのアナログ信号入力時にリモコンの「MUTE」ボタンを押すと音量が最大になってしまう。(2015/9/9)

news149.jpg

ティアックは、独beyerdynamicのフラグシップヘッドフォン「T1 2nd Generation」とプロフェッショナルモニターの「DT1770 PRO」を発表した。9月の「IFA 2015」で世界デビューする予定だったが、世界に先駆けて日本で発表および先行販売を行う。(2015/8/21)

news127.jpg
思い出をいつまでも:

ティアックは、アナログターンテーブルやカセットプレイヤーを備えた一体型CDレコーダー「LP-R550USBプレステージ」を9月に発売する。「貴重な音楽ライブラリーのバックアップにも最適」(同社)。(2015/8/19)

news142.jpg

ティアックは「Reference 501/301シリーズ」の一部機種にバナナプラグを同梱したスペシャルパッケージ版を追加。8月上旬に発売する。(2015/7/17)

提供:ティアック株式会社
企画:アイティメディア営業企画/制作:ITmedia LifeStyle編集部/掲載内容有効期限:2016年4月12日

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Reference

Portable Audio

Retro Style Audio

Analog Audio

Headphone