ニュース
» 2004年02月04日 16時08分 UPDATE

富士写、携帯向けプリンタの対応機種を拡充〜新色「パールピンク」も登場

赤外線通信でプリントできる「チェキプリンタ」、ボーダフォン端末でも利用可能になった。

[ITmedia]

 富士写真フイルムは、カメラ付き携帯電話向けプリンタ「チェキプリンター NP-1」(2003年7月の記事参照)の対応機種を拡充した。また、新色「パールピンク」を追加し、3月7日より販売を開始する。オープン価格。

fuji.jpg 女性をターゲットにした新色「パールピンク」

 「チェキプリンター NP-1」は、携帯電話の赤外線機能を利用し、ワイアレスでプリントアウトを楽しめる小型プリンタ。プリント用紙には「チェキ」の「チェキフィルム」が使われており、コンビニなどでも手軽に入手できる。今回、赤外線機能を搭載するすべての携帯電話に対応した。

 カードサイズの「チェキ」用フィルムを利用し、小型一次電池(リチウム電池CR2×2本)で約100枚のプリントが可能。

 印刷画素数は480×640ピクセル、印刷解像度は254dpi。本体サイズは120.5(幅)×45(高さ)×108(奥行き)ミリで、重さは250グラム。

 対応機種は、NTTドコモのP504iS、F504iS、N504iS、D505i、P505i、F505i、N505i、SO505i、SH505i、D505iS、P505iS、N505iS、SO505iS、SH505iS、P2102V、F2102V、N2102V、F2051、N2051、N2701、N252i、F505iGPSの計22機種と、ボーダフォンのV801SA、V601SH、V601N、J-SH53、J-N51の計5機種。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.