ニュース
» 2004年10月18日 15時38分 UPDATE

「PacketWINシングル」の料金改定〜ヘビーユーザーにお得なプランも

KDDIは、「PacketWINシングルサービス」の料金を改定する。基本使用料とパケット割引サービスを組み合わせたプランに改訂、利用が多いユーザー向けの新プランも用意。

[後藤祥子,ITmedia]

 KDDIは、「PacketWINシングルサービス」の料金を12月1日から改定する。

 PacketWINシングルサービスの月額利用料金1575円を「パケット割WINミドル」「パケット割WINスーパー」と組み合わせ、無料通信分を含む新料金プランとして提供する。

 利用が多いユーザー向けに、1万8900円分(150万パケット)の無料通信分を含む月額1万1800円の「WINシングルLL」を新設、改訂前のプランに対応するかたちの「WINシングルL」「WINシングルM」「WINシングルS」「WINシングルSS」を用意する。

 改訂に伴い、「パケット割WINスーパー」「パケット割WINミドル」「パケット割WIN」は11月末日で廃止され、契約ユーザーは契約中のプランに相当する新プランに自動更新される。

新料金プラン 改訂前プラン 基本料金 基本料金に含まれる無料通信分 無料分超過時のパケット単価
WINシングルLL 新設 1万2390円 1万8900円 0.0125円/パケット
WINシングルL WINシングル+パケット割WINスーパー 8400円 7875円 0.01575円/パケット
WINシングルM WINシングル+パケット割WINミドル 5775円 4200円 0.02625円/パケット
WINシングルS WINシングル+パケット割WIN 2625円 1050円 0.084円/パケット
WINシングルSS WINシングル 1575円 - 0.105円/パケット
 WINシングル+パケット割WINスーパーに相当する「WINシングルL」は、パケット無料分が改訂前と同じで1カ月に支払う料金が9450円から8400円と安くなる

 新料金プランでも従来プラン同様、30回線以上の契約ユーザーには大口回線割引を提供するという。

 今回の料金改定は、インターネットのブロードバンド化に伴い、PCでのデータ通信利用が増えたことが背景にあるとKDDI。「増加傾向にある利用形態に料金プランを合わせた」(KDDI)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.