速報
» 2005年02月01日 17時24分 UPDATE

FeliCa端末は2004年度で450万台、4年後は7倍に

矢野経済研究所によれば、モバイルFeliCa市場規模は2004年度で450万台の見込み。また、需要は好調に推移し、2008年度には3200万台まで達するだろうと予測されている。

[ITmedia]

 矢野経済研究所は2月1日、モバイルFeliCa(非接触ICカード搭載型携帯電話端末)市場に関する調査結果を発表した。

 これによると、モバイルFeliCaの国内市場規模は、2004年度(2004年4月〜2005年3月)で450万台の見込みだ。

 2005年度には前年度比373.3%となる1680万台、2008年度には3200万台になると予測している。

 今後の有望アプリケーションとしては、「おサイフケータイ」に代表されるような決済アプリケーション、ポイントカードなどの会員証アプリケーション、「Suica」などの交通系アプリケーションの3種類がメインになるだろうと、同社は分析する。

 調査は、通信事業者(キャリア)およびICカード関連ベンダー、携帯電話端末ベンダーを対象に、同社が直接面接取材を実施した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.