ニュース
» 2005年02月14日 14時59分 UPDATE

ボーダフォン、HSDPAのフィールド試験開始

下り最大14.4Mbpsの速度を持つHSDPA。ドコモに続きボーダフォンも推進。

[斎藤健二,ITmedia]

 ボーダフォンは2月14日、3Gの高速データ通信方式「HSDPA」(High Speed Downlink Packet Access)のフィールド試験を開始したと発表した。総務省から実験免許を取得しており、2GHz帯を利用して東京都江東区とその周辺で実験を行う。

 VodafoneグループとしてもHSDPAに取り組んでおり、フィールド試験を行うのは日本が最初となる。「できるだけ早い時期に商用化したい」(ボーダフォン)

 下り最大14.4Mbpsの通信速度を持つHSDPAは、現行のW-CDMA方式の進化形と位置づけられる。現行の3Gインフラに大きく手を入れることなく導入できるのが特徴の1つ。既にドコモは2005年の導入を目指して研究を進めている(2004年3月3日の記事参照)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.