ニュース
» 2005年02月18日 13時41分 UPDATE

3GSM World Congress 2005:「自慢の音楽ケータイを見せてください」と海外メーカーに聞いてみると (1/2)

モバイル業界の次のトレンドは音楽。“iTunes携帯”“ウォークマン携帯”などの登場が待たれる中、各社の“音楽ケータイ”を見せてもらった。

[末岡洋子,ITmedia]

 日本で火がついたカメラ付き端末の世界的な成功に続き、モバイル業界の次のトレンドは音楽になった。2月17日まで仏カンヌで開催された「3GSM World Congress 2005」の展示会場で、端末ベンダー各社に自慢の“音楽ケータイ”を見せてもらった。

SENDO

 日本ではあまり知られていない英SENDOは、3GSM Worldの初日に「SENDO X2」を発表した。“music first, mobile first”と銘打ち音楽機能と通話機能を同等に重視、いわば“携帯する音楽・電話端末”した一品だ。

 スケジュール帳などのアプリケーションを動かしていても、音楽再生プレーヤーを起動できる。MP3、AAC、AAC+のフォーマットをサポート、外部メモリはminiSDカードで最大1Gバイトに対応。Symbian OSを採用したGSM端末で、初夏に欧州市場の店頭に並ぶ。

music1.jpg 「(Apple Computerの)iPodの横に並んでもおかしくない端末」と担当者。側面に再生/一時停止、早送りなどのボタンがある。ワンプッシュで音楽再生ソフトが立ち上がる

Sony Ericsson

 3月には初の“ウォークマン携帯”を披露する予定の英Sony Ericssonも(2月15日の記事参照)、本イベントの初日に音楽用途を意識した3G端末「Z800i」を発表している。MP3/AAC/M4Aをサポート。アプリ利用中に音楽を聴くこともできる。カバーを閉じた時は、側面にあるボタンで、再生・停止、スキップなどの基本的な操作を実行できる。外部メモリはメモリースティックPROで最大1Gバイトをサポート。

music2.jpg 「Z800i」。右に音楽専用のキーがある。ほかのアプリを起動中は、最小化が可能。画面左上に表示される。側面で最低限の操作ができる

 ソニーを親会社に持つ同社の強みは、PCとの連携だろう。今回、モバイル音楽市場の立ち上がりを予想して「Disc2Phone」というアプリケーションを作成した。ユーザーは、PCに格納した音楽ファイルを容易に携帯電話に転送できるようになる。「Disc2Phone」では、PC内にあるすべての音楽ファイルを表示、ユーザーは楽曲を選択し、圧縮率も32kbpsまで選択できる。

 PCにある音楽ファイルをそのまま携帯電話に転送すると、かなりのメモリを消費してしまう。音質が劣化してもたくさんの楽曲を持ち歩きたいというユーザーのニーズに答える。転送には、メモリースティックかUSBを使う。

music3.jpg 「Disc2Phone」の画面。圧縮率を選択しているところ。圧縮率を選択すると容量が表示される。後は右上の「Transfer」をクリックするだけ。同社では同アプリケーションを無償ダウンロード提供するほか、今後出荷する端末にはCD-ROMを同梱する予定。このほか、メモリースティックを搭載した「P910」も、音楽好きなユーザー向けという。

BenQ

 台湾のBenQは、展示ブースでヘッドフォンを装着して音楽視聴を体験できるようにしていた。本会場で探した音楽ケータイは欧米ベンダーものが目立ったなか、数少ないアジア企業だった。

 同社の一押しは、1月初めのCESでお披露目となった「Z2」。66×66ミリの正方形というユニークなデザインで、カラフルなカバーは取替えが可能。MP3プレーヤーを内蔵している。miniSDカードにより最大60Mバイトをサポートする。春に出荷する台湾を皮切りに、初夏には欧州の店頭に並ぶ予定。

music4.jpg 「Z2」。側面にMP3プレーヤーのスタートボタンがある。カラフルなカバーは着せ替え可能。発売時には数十種類用意する予定だという
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.