ニュース
» 2005年03月15日 22時00分 UPDATE

音声定額プランのターゲットユーザーは?

音声定額プランで、100万契約増を狙うウィルコム。ターゲットとしているユーザー層はどのあたりなのだろうか。

[吉岡綾乃,ITmedia]

 「ウィルコム端末同士なら月額2900円」というウィルコムの新定額プラン。ウィルコムは現在、音声、データ通信合わせて約300万ある契約を、約400万にしたいという。100万契約増すべてを音声通話契約で、とはいかないまでも、定額プランを武器に大幅な新規契約を見込む。音声定額で狙うターゲットユーザーとは、どのような層だろうか?

個人ユーザーではカップル、プラチナ世代にアピール

 家族での利用を推進したいと考えているのは「ファミリーパック」の存在からも明らか。1台目は月額2900円だが、2台目以降は月額2200円で「4人家族でも9500円」とアピールする。

 また、新しく個人ユーザーで狙いたいのが「カップル、プラチナ世代」。「ある意味家族の一歩手前なわけですが。話が尽きない二人でも、ウィルコム端末同士ならいくらでも話せる」と、カップルで2台契約してくれる層を狙いたいとした。

 また「安心のために持ってもらう」とプラチナ世代への普及も進めたいとする。ウィルコムでは以前より、PHSが携帯に比べて電磁波が弱く「人に優しい」端末であることをアピールしている。

ay_ddi01.jpg
SAR(Specific Absorption Rate)は、人間の頭に吸収される電波の平均エネルギー量を示す値。電波の人体吸収に関する技術基準値となっている。日本では2.0W/kg以下が数値基準だが、米国や中国では1.0W/kg以下、スウェーデンでは0.6W/kg以下。ドイツでは0.6W/kg以下の携帯電話に対し、有害物質不使用、環境保護の基準を満たしている製品に与えられる「青い天使マーク」を付与している

法人向けプランは、ナノセル登場を待って力を入れる

 従来ウィルコムでは、PHSを利用した内線システムを法人向けに提供していたが、「音声定額プランを導入したことで、社内も外線で通話できる準備ができた。いわゆる『モバイルセントレックス』よりも、一歩進んだサービスが提供できる(ウィルコム社長の八剱洋一郎氏)」とする。

 法人向けのサービスは料金プランなどを出しにくい、としつつも「細かい仕組みはこれから。ナノセルの登場を待って、法人にも力を入れる」と八剱氏。ナノセルとは、屋内に設置できる超小型基地局で、数万円程度で提供される予定だ。

ay_ddi02.jpg
WPC PC EXPOで参考出展されていた、屋内に設置できる超小型基地局のナノセル


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.