ニュース
» 2005年05月17日 14時23分 UPDATE

スポットAFに手ぶれ補正機能──316万画素カメラの「SH901iS」

シャープ製の「SH901iS」は316万画CCDを搭載した端末。カメラ機能を重視、静止画撮影時にはスポットAF、ムービー撮影時には手ぶれ補正機能を利用できる。

[ITmedia]

 シャープ製の「SH901iS」(「SH901iS」記事一覧参照)は、オートフォーカス(AF)機構付き316万画素CCDを搭載した回転2軸ボディの端末。レンズは3群3枚の非球面レンズを採用。定評のあるカメラに(2004年12月の記事参照)新たな機能を盛り込んだ。

sa_sh11.jpg
 AF付き316万画素カメラを搭載した「SH901iS」。ボディカラーは4色展開で、写真の端末はブルーストリーム


sa_sh3.jpg
 左からブラックコスモ、シルバーサンド、ホワイトアイス

 1つは静止画撮影時の「スポットAF」。ユーザーが選んだエリアにフォーカスを合わせて写真を撮影できる機能だ。もう1つは動画撮影時の「手ぶれ補正機能」。手ぶれしやすいシーンでも安定した動画が得られるという。撮影補助用ライトも従来機の3倍高輝度なピクチャーライトを搭載した。

Photo  
Photo

 メインディスプレイには、「SH901iC」(2004年11月の記事参照)「SH700i」(2月2日の記事参照)にも搭載された効視野角のモバイルASV液晶を採用(2003年10月の記事参照)。2.4インチの画面で撮影した静止画や動画を閲覧できる。

 前モデル同様、本体を別売りのAVケーブルでテレビやDVDレコーダーに接続し、本体内のminiSDカードに番組を録画できる機能を装備。また撮った番組や端末のカメラで撮影した静止画/動画、端末内のドキュメントファイルは、端末をテレビに接続すれば、テレビの画面上で再生することもできる。

 ディスプレイを表に出して端末を閉じた状態の「ビューアポジション」でもさまざまな操作ができるよう、側面に4方向ボタンやシャッターボタンを配置。これらのボタン類は1カ所にまとめられ、操作しやすい位置にレイアウトした。

 ボディカラーはブラックコスモ、シルバーサンド、ブルーストリーム、ホワイトアイスの4色展開。ボディ表面にはアルミ素材を採用し、各色ごとに異なる表面処理を施している。

機種名 SH901iS
サイズ(幅×高さ×厚み) 52×112×25ミリ
重さ 150グラム
連続通話時間 約130分(テレビ電話:約80分)
連続待受時間 約420時間(静止時)、約350時間(移動時)
アウトカメラ 316万画素CCD(AF対応)
インカメラ 11万画素CMOS
外部メモリ miniSD
メインディスプレイ 2.4インチ約26万色モバイルASV液晶(240×320ピクセル)
サブディスプレイ -
ボディカラー ブラックコスモ、シルバーサンド、ブルーストリーム、ホワイトアイス


ITmediaでは、この記事では書けないP901iS・ドコモ端末の“隠れ情報”をモバイルサイト「ITmedia(ケータイ版)」にて掲載予定です。たとえば……

  • P901iSのワンプッシュオープンボタン、なぜ光らない?
  • 顔認証技術を活かしたアプリの隠れた楽しみ方
  • あの人とのメールは、こうして読み返す
会員の方だけに、編集部が選んだマル秘ネタをお届けするITmedia(ケータイ版)、ぜひ登録の上お楽しみください。iモードのアクセス方法は「メニューリスト」→「天気/ニュース/情報」→「ビジネス情報」→「ITmedia(ケータイ版)」
ITmedia(ケータイ版)をもっと知りたい!

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.