ニュース
» 2005年06月21日 22時10分 UPDATE

小松しおるのゲームプレイ日記(前編):モンスターファームPOPの隠し情報教えます (1/2)

携帯カメラでモンスターを誕生させ、育成するゲーム「モンスターファームPOP」。ライター小松が隠し情報を暴きます(本文中に内容にかかわる記述があります)。

[小松しおる(StoryWorks),ITmedia]
はじめに

 ITmediaモバイル編集部のゲーム好きライター、小松しおる。モバイルコンテンツ・プチレビューで紹介したゲームの中で、「モンスターファームPOP」が気に入ったので、ゲーム日記を書くことになった。

 「普通のプレイヤーでは見逃す隠れネタも、見つけ出してみせます!」と意気込むが……(本文中に、攻略情報などにかかわる説明があります。これから初めてプレイされるかたはご注意ください)

 はじめましての方はよろしく! おなじみの方は、今後ともよろしく。どうもこんにちは。普段、ITmediaの「モバイルコンテンツ・プチコンテンツレビュー」などを書いている、小松しおるです。

 今回、ITmedia編集部をだまして(嘘です)面白いと思った「モンスターファームPOP」のプレイ日記を書かせてもらうことになりました。ゲーム自体の紹介は「プチレビュー」のほうに書いてあるので、詳しくはそちらを参照して下さい(5月25日の記事参照)

 原稿に書いた以外にも、知りたいこと、気になること、あるいは「小松よ〜、こんな情報があるんだぜ〜」などと言った攻略情報などあれば、ITmedia編集部にメールを下さいね。

いろんな所を撮ってみた

 モンスターファームの魅力といえば、やっぱり携帯カメラで撮った画像からモンスターを生成できること。最初はやっぱり、自分に関係するところから撮りたいもんですよね。

 まずは、身近な所からモンスターを作ってみることにしました。まずは自分の顔を撮ってみました。パチリ。

Photo
Photo

 自分の顔を撮ると、なんと、ニャー(黒)。うむ〜、自他共に認める猫耳好きなのがばれてしまいました。今度は、いつもお世話になっているITmediaモバイルのWeb画面をパチリ。

Photo

 なんとスエゾー(白)……。このキャラは、攻撃がヒットすると相手の「ガッツ」(技を繰り出すため必要なマジック・ポイントのようなもの)を減らす技を多く持っているのが魅力です。でも、まじめにトレーニングしてくれなかったりして育成が大変なんですよね。

 次はいつもお世話になっている、ITmediaモバイル担当編集者さんの顔をパチリ。

Photo
Photo

 断られてしまいました……シャイなのね。ちなみに、カメラの部分を手で覆って真っ暗にして写したわけですが、この場合ゴーレムが誕生しました(スエゾーの場合もあったけど)。ゴーレムの出し方がわからない人は、是非チャレンジしてみて下さい。ちなみに、いろいろ試してみましたが、携帯の機種によって同じ画像でも違うモンスターが誕生したりするので、「こうすればこれが出る」というのはなかなか難しいみたいです。

 モンスターにはさまざまな種類がありますが、“種”によって特性が違います。たとえば「ピクシー種」はガッツの回復速度が一番速いんですね。攻撃を「回避」するトレーニングの適性も高いので、しっかり鍛えれば簡単に勝てるようになります。これは初心者向けキャラ。

 逆に、さきほど登場したゴーレム種は上級者向けかな? いかんせん、技が当たらないことが多いんです。逆に当たるとダメージは大きいので、「一発KO狙い」の種族といえます。

レアモンスターを手にいれよう

 実は、ゲーム内には普通に撮影していても手に入らない「レアモンスター」もいるんです。私は「ヘンガー」を入手できたんですが、これはプレイしていて、「アイテム屋」にいったり大会に出たりしていれば普通にゲットできるのではないでしょうか。

Photo

 ほかにも見つけましたよ! 私がオススメなのは、ドラゴン。これはどうすれば手にはいるかというと……(次ページへ)

テクモ開発者オススメのモンスター

担当者:部長・イトウさん
属性・熱血戦士のイトウさんのお気に入りはコレ! ビークロン×デュラハンのセンチュリオンです。なんだかメカメカしていますね。うちのニャー吉なんか一発でやられそうです。

次ページ:レアモンスター「ドラゴン」を手に入れよう!
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.