ニュース
» 2005年09月05日 14時28分 UPDATE

M1000に不具合、店頭のソフトウェア更新で対応

ドコモのM1000に、不具合があることが分かった。影響があるのは約1万1600台。9月5日から店頭のソフトウェア更新で対応する。

[ITmedia]

 NTTドコモは、ビジネスFOMA「M1000」に不具合があるとアナウンスした。当該機種は製造年月が「2005−06」「2005−07」のM1000で、約1万1600台(8月29日時点の台数)に影響がある。

 不具合は、(1)moperaUの端末自動設定時、自動設定ファイルのインストール中にエラーが発生し、メールアカウントが設定されない場合がある (2)メールアカウントの登録を完了しても一覧画面に表示されず、利用できない場合がある (3)ToDoやスケジュールを管理するファイルのサイズが1.3Mバイト以上になった場合、本体起動中にキー操作を受け付けなくなる の3点。

 ドコモでは9月5日から、ソフトウェア更新による対応を開始。ユーザーはドコモ故障修理窓口で更新を行える。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.