ニュース
» 2005年09月30日 15時30分 UPDATE

JavaVMを搭載、機能追加可能な「jigブラウザ2β」

Webブラウザをプラットフォーム化、乗換案内やゲーム、ToDoリストといった機能をアプレットとしてブラウザの上に追加できる「jigブラウザ2β」が公開される。

[吉岡綾乃,ITmedia]

 jig.jpは9月30日、PC用のWebサイトが閲覧できるフルブラウザ「jigブラウザ2β」を発表した。クローズドβという位置づけで、jigブラウザのユーザーのみ無料で利用できる。

 jigブラウザ2βでは、Webブラウザの基本的な機能をコア化している。iアプリ内にさらにJavaVMを搭載し、メール機能、メモ帳といった機能を、プラグインとして追加していけるところが特徴だ。プラグインはJavaアプレットであり「jiglet」という名称で呼ばれるが、jig.jpが仕様を公開するため、ユーザーはjigletで自由にツールを開発、jigブラウザ2βに追加インストールできる。

ay_jig01.jpg iアプリには100Kバイト以内という容量制限があるが、追加ツールはスクラッチパッド領域(400Kバイト)を利用できる

 100K版ではこれまで、ベースとなるブラウザ機能に加えて、PCメール閲覧機能、RSSリーダー機能、ブラウザのタブ化といった機能追加を行ってきたが、iアプリには容量100Kバイト以内という制限があった※。jigブラウザ2βではブラウザ部分をアプリとして100Kバイト以内で、追加ツールはスクラッチパッド(制限400Kバイト以内)を使って開発できるため、ユーザーの好みに応じて多くの機能を追加できるようになる。「iアプリには容量100Kバイト以内という制限があるため、機能強化にも限界があった。ブラウザを核とし、追加機能をjigletとして外に出すことで、さまざまな機能を自由にカスタマイズできるようになる」(jig.jp)

※FOMA 700iシリーズ、ムーバ 506i/505iシリーズ、premini-IIなどの機種では、iアプリの容量は30Kバイト以内
ay_jig02.gif 左からプラグインを追加した画面、ツールを追加した画面、検索ツール画面、機能をタブ表示した画面

 jigブラウザはJavaで書かれたドコモ/au向けのフルブラウザで、100Kバイト版と30Kバイト版の2種類がある。jigブラウザ2βは100Kバイト版の新バージョンという位置づけで、NTTドコモのFOMA 901i/900iシリーズと、au「W11H」「W11K」「A5403CA」「A5406CA」「A5407CA」で動作する。

 jigletの仕様はhttp://br.jig.jp/pc/jigb2/で公開される。9月30日時点では、「SearchEngine」「ToDo」「アドレス帳」「メモ帳」「StopWatch」「乗換案内」「簡易計算」「ゲーム(テトリス風の落ちゲー)」の8個のjigletが掲載される。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.