ニュース
» 2005年10月19日 22時44分 UPDATE

ドコモ、FOMAに複数番号を割り当てられる「マルチナンバー」

ドコモは11月中旬から、FOMAの基本契約に最大2つの番号を追加できるサービス「マルチナンバー」を提供すると発表した。携帯を“仕事用”“家族用”と使い分けられる。

[杉浦正武,ITmedia]

 ドコモは11月中旬から、FOMAの基本契約に最大2つの番号を追加できるサービス「マルチナンバー」を提供すると発表した。料金は1番号あたり月額525円。

 音声通話で“プライベート番号”“仕事用番号”“家族用番号”などを使い分けられるほか、番号ごとに通話・通信料の請求書を最大2カ所に分けて送付するよう手配できる。請求書を分割送付する場合、追加で月額157円が必要。対応機種は90xシリーズ、70xシリーズのFOMA端末となる。

 着信時は、いずれの番号でも通常どおり着信可能。どの番号に着信したかは、画面から確認できる。発信時は「通常はこの番号で発信する」と指定しておき、付加番号で発信するときのみメニューから操作を行うことになるという。

 ドコモの付加番号サービスとしては、ムーバ端末に着信用番号を追加できる「ナンバープラス」があった。ただこれは発信時に番号を選択することは不可能で、マルチナンバーはこれを改良してFOMAに対応したサービスとの位置づけになる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.