ニュース
» 2005年12月14日 18時32分 UPDATE

シャラポワが使用──ピンクの「M1000」がオークションに

テニス界の妖精、マリア・シャラポワが「マリア・シャラポワ ジャパンツアー2005」の来日中に使用する「PINK M1000」がYahoo!オークションに出品された。入札額は100万円に迫る勢い。

[後藤祥子,ITmedia]

 Yahoo!オークションに、マリア・シャラポワが来日中に使用する非売品のサイン入り「M1000」が出品された。「マリア・シャラポワ ジャパンツアー2005」で来日するシャラポワ本人が滞在中に実際に手にする特注の端末。ラインストーンがレイアウトされたピンク色の特注品で、非売品の一点ものとなる。

sa_sp1.jpg
出品ページの商品説明には「マリア・シャラポワ本人が遊び、滞在期間中に使用した『PINK M1000』」と記されている


sa_m1.jpg
こちらは市販されているM1000。メガピクセルカメラにIEEE802.11bの無線LAN機能、Bluetooth1.1、PIM機能などを備えたビジネスFOMAで、iモードには非対応。W-CDMA/GSMのデュアルネットワーク対応であり、海外に持ち出して利用できる


sa_sp2.jpg
最高入札額は100万円目前

 クリスマス・イブに、お台場のシャラポワ ジャパンツアー 記念ツリー前でシャラポワ自らがM1000にサインを入れ、落札者に端末を手渡す。オークションの終了日時は12月15日17時55分。12月14日17時30分時点の入札額は90万1000円で、100万円に迫る勢いだ。

 オークションへの出品は、「マリア・シャラポワ来日記念チャリティーオークション」の一環。Motorolaがシャラポワのワールドワイドスポンサーであることから、滞在中に利用する端末として、世界に1台きりの「PINK M1000」を用意したという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.