ニュース
» 2006年02月13日 18時56分 公開

NVIDIA、携帯向けGPU「GoForce 5500」発表

「Quake III Arenaなどのゲーム機並のゲームをハンドヘルド機器で実現する」とうたう、携帯向けGPUが登場する。搭載機器はクリスマスシーズンまでに発売となる見込み。

[ITmedia]

 米NVIDIAは2月13日、携帯電話向けグラフィックスチップ「GoForce 5500」を発表した。同チップを搭載した携帯電話は2006年クリスマスシーズンまでに発売される見込みだ。

 GoForce 5500は、D1解像度までのH.264、WMV9、MPEG-4ビデオを秒間30フレームで再生可能。DVB-H、ISDB-T(日本の地上デジタル放送)、DMBを含む主要モバイルテレビ規格にも対応している。音声処理プロセッサも内蔵しており、クロスフェードおよびマルチストリーム技術をサポートする。

 従来世代の3倍にあたる3D描画性能を持ち、「Quake III Arenaなどのゲーム機並のゲームをハンドヘルド機器で実現する」(NVIDIA)としている。カメラ撮影の処理にも対応しており、最大10メガピクセルまでの解像度に対応した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう