ニュース
» 2006年03月11日 03時12分 UPDATE

CeBIT 2006:T-Mobile、フルキーボードのW-CDMAスマートフォンを参考出展

3Gとビジネス向けサービスに力をいれるT-Mobileは昨年のMDA Proに続き、今年も最新のWindows Mobile OSを採用した3G端末を展示していた。

[山根康宏,ITmedia]

 ハノーバーで開催されている「CeBIT 2006」会場で、独T-Mobileブースには同社のビジネス向けスマートフォン「MDAシリーズ」の最新機種、「MDA VarioII」が参考出品されていた。MDA VarioIIは台湾HTC製造のWindows Mobile 5.0をOSに採用した端末で、T-Mobileが昨年発売開始したMDA Pro(MDA IV)に次ぐ3G対応スマートフォンとなる。

ms_cebit_hermes01.jpg MDA VarioIIは手のひらに乗るサイズで、MDA Proよりも携帯電話ライクに利用できる。側面からスライド式のキーボードを引き出すと画面が90度回転し、横型スタイルで利用可能
ms_cebit_hermes02.jpg スライド機構。キーボード部分(本体)から液晶画面がスライドする感じだ。背面には2.1メガピクセルカメラを搭載する

 MDA VarioIIの対応周波数はW-CDMA(UMTS)2100MHzおよびGSM 850/900/1800/1900MHz。ディスプレイは2.8インチの約6万5000色TFT液晶、QVGAサイズでタッチパネルとなっている。CPUは韓Samsung製の300MHz、外部メモリはmicro SDカード。無線はBluetooth2.0とIEEE 802.11b/gに対応している。カメラは背面が2.1メガピクセル、正面にはTVコール用にCIFサイズの小型CMOSカメラを備えている。

 発売予定は2006年第2四半期〜第3四半期、価格は現時点では未定とのこと。

ms_cebitpda.jpg 小型ながらクリック感のあるフルキーボードは使いやすい。多くの来訪者が実際の使い勝手を試していた

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.