ニュース
» 2006年06月08日 15時15分 UPDATE

ドコモが「BlackBerry」端末を調達、秋にも提供へ

NTTドコモはResearch In Motion(RIM)のモバイル端末「BlackBerry」を調達すると発表した。法人ユーザーを対象に、サーバとセットで販売。端末は英語版のままで提供する。

[杉浦正武,ITmedia]

 →BlackBerryとは何か?

ms_docomo1.jpg

 NTTドコモは6月8日、Research In Motion(RIM)のモバイル端末「BlackBerry」を調達すると発表した。法人ユーザーを対象に、2006年秋頃の導入に向けて検討を進める。

 利用に際しては、BlackBerry Enterprise Serverを端末とセットで導入することが必要。Microsoft Exchange、IBM Lotus Domino、あるいはNovell GroupWiseと連携して利用できる。これによりセキュアな環境でのメール閲覧や、業務支援システムへのアクセスを可能にするという。

 端末は、RIMのブランドで提供される見込み。W-CDMA方式とGSM/GPRS方式のデュアル対応で、音声通話やパケット通信に対応する。国内外で利用可能で、QWERTY配列のキーボードを搭載している。端末はローカライズを行わず、英語版のままで提供されるが、日本語メールの送受信などに支障がないよう、アプリケーションレベルでの日本語対応は行うという。

 BlackBerryはいわゆる“スマートフォン”として、欧米などでビジネスユーザー向けに人気がある。個人向けに端末を提供するかどうかは「単体で発売の予定はない」(ドコモ広報部)。

Photo BlackBeryyの端末ラインアップ。どの機種が国内で提供されるか、詳細は明かされていない

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.