インタビュー
» 2006年09月13日 08時21分 UPDATE

「はい! こちらナントカ警備隊っ」がやりたかった男たち (1/3)

アサヒビールが13日から展開するビール類キャンペーンの景品として登場するのが、W-SIMスロットとワンセグチューナーを搭載するオリジナルの腕時計型PHS。ぜひとも装着させてほしいと同社に向かうと、同じく「ナントカ警備隊」をやりたかった男がにこやかにポーズを決めていた。

[岩城俊介,ITmedia]
photo 「2006 うまい!旬感プレゼント!」を担当するアサヒビール酒類本部営業部 商品グループプロデューサー 丸山剛司氏

 「隊長っ、応答願います!」

 “ヒーローもの”漬けで育った野郎の目に飛び込んできた「スーパーワンセグTV Watch」はその瞬間、数々の妄想を沸き立てさせるものだった。

 アサヒビールは2006年9月13日から、W-SIMスロットとワンセグチューナーを搭載する腕時計型PHS「スーパーワンセグTV Watch」などを景品として用意するビール類キャンペーン「2006 うまい!旬感プレゼント!」を開始する(すでに応募シールが貼られた商品は出荷されている)。

 アサヒビールのキャンペーンといえば、テレビ+冷蔵庫+DVDを合体させた「DVDテレ蔵庫」やジョッキに注いでくれる装置付きロボット冷蔵庫「本生ロボッ庫」など、“うゎ、ありえねー”と思いつつも興味を惹かれてしまう景品を用意することで知られている。今回も告知だけでヤられてしまった自分がいる。


photo 今までアサヒビールのキャンペーンで景品となったテレビ+冷蔵庫+DVDを合体させた「DVDテレ蔵庫」(左)、ジョッキに注いでくれる装置付きロボット冷蔵庫「本生ロボッ庫」(右)

 このノリは大好きだ。スーパーワンセグTV Watchを装着するとどんな気持ちになるか、そもそもこのキャンペーンはどんなものなのか。アサヒビール酒類本部営業部 商品グループプロデューサー 丸山剛司氏に話を聞いた。

「やるなら今しかない」

ITmedia この「2006 うまい!旬感プレゼント!」はどのようなキャンペーンなのか、改めて教えてください。

丸山氏 2006年9月13日から11月30日まで約2カ月半、いわゆるビール類全般(ビール、発泡酒、新ジャンル、ビールテイスト飲料)の消費者キャンペーンです。商品には応募用シールが貼られ、それを集めると抽選で景品が当たりますというものとなります。

 今回は、いわゆる「ビール類すべて」対象のものとして弊社では初のキャンペーンとなります。今までは例えば「スーパードライの〜」「本生の〜」など単体の商品に対するものでしたが、「ビールを飲むが、発泡酒も飲む」というように併飲するお客様も多くなっています。それならば単体だけというより、ビール類でくくられていたほうが幅広い人を対象に応募していただけると思いから「ビール類すべて」としました。

 幅が広いということは、応募者全員がもらってうれしいもの(1万5000円相当の厳選食材、スーパードライ350ミリリットル缶6本)を用意するのは当然として、より“とんがった”目玉も必要です。それが「スーパーワンセグTV Watch」です。

photophoto 腕時計スタイルでワンセグ視聴や(W-SIM搭載により)通話が行える「スーパーワンセグTV Watch」。リストバンドを外して本体だけで使用することもできる。双方に溝があり、スライドさせるように取り外せる仕組みになっている

 (出たっ。これこれ)

ITmedia 最近は「冷蔵庫」シリーズが続いていましたが、今回はなぜ「ワンセグ腕時計」になったのでしょうか。

丸山氏 ワンセグ機能を搭載する携帯電話も増えてきましたし、ちょうど盛り上がり始めたところです。しかし来年やってもたぶんそれは当たり前になってしまっていると思うのです。ちょうど旬ということで、「やるなら今しかない」と。

ITmedia 確かに、番号ポータビリティを機に、年末から来年初頭にかけて携帯キャリアもワンセグ機能搭載の端末を多く投入すると言われています。そのほか携帯ゲーム機などでもワンセグ視聴に対応した機器が多く発売されるようです。

丸山氏 でも、ただ「ワンセグコンパクトテレビ」とするのも面白くない。「アサヒビールがまた何か面白いことをやり始めたな」と思ってもらえるほどではありませんよね。小さいなら腕にも付けられる……思い浮かんだのは、あの「ナントカ警備隊」でした。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.