レビュー
» 2007年01月15日 18時22分 UPDATE

ウィルコム「9(nine)」レビュー 後編:快適なレスポンスが魅力のメールとブラウザ――「9(nine)」 (1/2)

「9(nine)」レビューの後編は、本体デザインとその操作性をチェックした前編に続き、注目のEメールとWebブラウザ、日本語入力まわりを検証。「これで十分」との呼び声が高い9(nine)の実力とは。

[坪山博貴,ITmedia]

 ・ウィルコム「9(nine)」レビュー 前編:シンプルボディにマッチする合理的な操作性――「9(nine)」

振り分けに不満が残るPOP3/SMTPメール機能

 9(nine)のメール機能は、ウィルコムEメールとライトメールに加え、POP3/SMTPによる送受信にも対応する。送信時の認証としてはSMTP認証とPOP Before SMTPをサポートし、ポート番号の変更も可能で「Outbound Port 25 Blocking」にも対応する。一般的なプロバイダのEメールは問題なく送受信できると思っていいだろう。当然ながら、ウィルコムEメール以外は自動受信できず、手動で受信操作する必要がある。

photo メールボックスは送受信ともにEメールとライトメール兼用で、作成メニューのみが独立。W-SIMの差し替え時などに必要なオンラインサインアップは「メール」メニュー内にある
photo メールボックスの数は、受信用1個とユーザー受信用8個の計9個。カッコ内の数字は未読数を表している。ユーザー受信ボックスは自由に名称を変更できる。送信メールは複数のフォルダをサポートしない
photo 設定できるEメールアカウントは、ウィルコムEメールを含めて最大3つ。メール受信時のインターネット接続先や、手動でメール受信を実行するアカウントの選択もできる

 Eメールの受信機能では、振り分け機能にやや不満が残る。振り分け条件はアドレスの完全一致が基本で、ドメインや件名では振り分けできない。そのため、メーリングリストや迷惑メールのフィルタリングには向かないだろう。プロバイダ側の迷惑メール対策がしっかりしている(識別された迷惑メールはPOP3で読み出さないなど)場合はいいが、そうでなければフィルタリング後に転送できる「Gmail」を経由するか、Webメールサービスを利用したほうが正解だろう。

 本文表示は、フォントサイズを3段階(16/20/24ピクセル)に切り替え可能で、メール/Webブラウザキーでページスクロールできる。本文表示中の前後メールへの移動は十字キーの左右で行う。データ削除はフォルダ単位の一括、複数件指定が可能だ。

photophotophoto 左からフォントサイズ小/中/大。どのフォントサイズも実用レベルだ

 文字入力は「Advanced Wnn 1.31」を採用し、日本語の読み予測・次文節予測を備える。初期状態での予測候補数もそこそこあり、日本語入力モードのままで英数字の入力が可能な英数変換機能も用意するが、英数字変換は予測候補への学習はしない。逆トグルは[#]キー、大小文字の切り替えは[Webブラウザ]キーが割り振られている。ちょっとクセがあるとすれば、かなの小文字が大文字の後に候補に来るのではなく、必ず大小文字変換を利用する点だ。例えば「っ」などを逆トグルで入力するユーザーは、使い始めに違和感を感じるかもしれない。

photophotophoto 文字入力は現在の平均レベル。候補表示は10個で上下左右キーで選択、一覧は左右でスクロールする。英数変換では英字は全半角と大小文字、数字は全半角への変換が可能

 Advanced Wnn V1.2を搭載する「WX310SA」と比較すると、変換ロジックにそう大きな変化は感じなかった。しかし、操作に対するレスポンスや候補表示が高速になり、文字入力は快適になった。この点はCPUにARM9を採用したメリットといえそうだ。昨今の端末として特に秀でてはいないが、現在求められている水準の機能性と操作感があり、メールの利用頻度が高い人には重要なポイントになるだろう。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.