ニュース
» 2007年01月17日 18時17分 UPDATE

写真で解説する「W51P」 (1/2)

“二重奏のように”──エレガント&シンプル、2つの顔で上品さを演出するパナソニック モバイル初のWIN端末が「W51P」。“P”端末でおなじみのワンプッシュオープンや“ヒカリ”演出に加え、2.6インチWQVGA液晶やEZ FeliCa機能などを搭載する。

[房野麻子,ITmedia]
photo 「C3003P」以来、auでは5年ぶり。そして、初のWIN端末となるパナソニック モバイル製「W51P」。カランサブラウン、クレマチスホワイト、ルピナスピンクの3カラーを用意する

 2002年発売の「C3003P」以来、auでは5年ぶりとなるパナソニック モバイルコミュニケーションズ製端末が「W51P」。

 背面パネルに、左右で質感や表情の異なるアシンメトリー(非対称)デザインを採用し、パネル中央部に内蔵された2つのLEDにより、左側の「ソフトイルミネーションパネル」に施された彫刻が浮かび上がる仕掛けを設ける。デザイン、内蔵コンテンツともオトナな女性を意識した端末に仕上がっている。

 2.6インチのワイドQVGA液晶や207万画素CMOSカメラを搭載し、最大2GバイトまでのmicroSDカードに対応。LISMO、着うたフル、EZ ・FM、EZ FeliCa、EZチャンネルプラス、EZニュースフラッシュ、EZ助手席ナビ、デコレーションメール、PCサイトビューアー、SD-Audioなどに対応する。


photophoto 他キャリアの“P”端末ではおなじみの「ワンプッシュオープン」機構を搭載。オープンと同時に始話・メールチェックする設定も行える(左)。ヒンジ左側にあるボタンで端末を開ける。裏面は凹凸のない平面形状。電池カバー部にFeliCaマークが見える(右)。FeliCaチップは新バージョンではなく、容量は冬モデルと同様の約5Kバイト。「auケータイクーポン」には対応しない
photophoto 左右非対称のデザインを施した背面パネル。その左側はカスタムジャケットのようなクリアパネルを用いているが取り外しはできない(左)。光るとこのように彫刻のような模様が浮かび上がる
photophoto ちなみに、カラーによって微妙に異なる柄、同社らしい芸の細かを感じる。なお、ソフトイルミネーションの光るパターンは、電話・メールの着信など全6パターンを用意し、かつ内蔵メロディの内容に合わせて変化するようになっている
photophoto 本体左側面は、ヒンジ部におなじみの「ワンプッシュオープン」ボタンと角形イヤフォン端子(左)、右側面はmicroSDスロット、[マナー/▽]キー、[カメラ/△]キー、ストラップホールを備える。ちなみに背面パネルは左右非対称。左から見るとパネルがやや膨らんでいるのが確認できる(左)。microSDスロット上位置の左右にステレオスピーカーも実装する
photophoto ダイヤルキーは上下のみフレームがある形状(左)、メインディスプレイはワイドQVGA(240×400ピクセル)表示対応の2.6インチワイド液晶を採用。待受画像は背景色やアニメーションが時間帯や日付などに連動してランダムに変化するものなどがプリインストールされる
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.