ニュース
» 2007年07月04日 14時30分 UPDATE

「SO903iTV」にデータが消去する不具合──緊急バックアップを

ソニー・エリクソン製のワンセグ端末「SO903iTV」に、アドレス帳やメールのデータが消失する不具合が判明し、販売を一時休止した。原因を現在調査中で、対応準備が整うまでmicroSDなどを活用したデータのバックアップを行うよう告知している。

[岩城俊介,ITmedia]
photo “BRAVIAケータイ”こと「SO903iTV」

 NTTドコモは7月4日、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製のワンセグ携帯「SO903iTV」に、端末内のアドレス帳やメールなどのデータが消失する不具合が発覚したため、販売を一時休止すると発表した。

 不具合内容は、端末の操作中に携帯電話内のアドレス帳やメールなどのデータが消失する可能性があるというもの。事象原因は2007年7月4日現在、判明しておらず調査中。同社は、対応準備が整うまで本事象が発生する可能性があるため、データ保存はなるべくmicroSDなどを利用するとともに、データのバックアップを行うよう告知している。対応準備が整い次第、ユーザー個別にダイレクトメールで通知する予定。

 対象はSO903iTVを利用する全ユーザーで約2万7000台(7月3日時点)。7月2日時点のユーザー申告件数は95件。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.