ニュース
» 2008年04月03日 14時33分 UPDATE

スポーティでコンパクトなKCP+端末――「W61T」、4月3日から順次発売

KDDIは東芝製のKCP+端末「W61T」を4月3日から順次発売する。W61Tはコンパクトでスポーティな東芝製の折りたたみ端末。携帯でウォーキングやランニングの情報を管理する「au Smart Sports」に対応し、Bluetoothヘッドセットを利用したワイヤレス音楽再生も楽しめる。

[ITmedia]

 KDDIは東芝製の折りたたみ端末「W61T」を4月3日から順次発売すると発表した。発売日は沖縄エリアが4月3日、北海道、東北、四国エリアが4月4日、北陸、関東、中部、関西、中国、九州エリアが4月5日。

ge_0128au_w61t01.jpgPhoto 東芝製のKCP+端末「W61T」

 W61TはスポーティでコンパクトなKCP+端末で、ポロシャツの襟元のようなスポーツラインをイメージしたデザインを採用。着信LEDを背面の一角に搭載し、特徴的な光り方をするクリスタルイルミを設けるなど、シンプルな中にも遊び心のあるデザインに仕上げた。

 携帯でウォーキングやランニングの情報を管理する「au Smart Sports」に対応し、Bluetoothヘッドセットを利用すれば、ケーブルを気にすることなく音楽を聴きながらスポーツを楽しめる。ほかにもLISMO Videoやワンセグ、着うたフル、おサイフケータイ、au one ガジェット、マルチプレイウィンドウ、EZ・FMなどの機能を利用可能だ。

 メインディスプレイには2.8インチワイドQVGAの有機EL、サブディスプレイには7×7のLEDを搭載し、カメラはオートフォーカス対応の324万画素CMOSを装備。ボディカラーはアスレチックホワイト、ダンシングピンク、セイリングブルーの3色をラインアップする。

W61Tのおもなスペック
機種名 W61T
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約50×98×18.9ミリ(暫定)
重さ 約118グラム
連続通話時間 約240分
連続待受時間 約250時間
アウトカメラ 有効約324万画素AF
外部メモリ microSD(別売り/最大2Gバイト)
メインディスプレイ 約2.8インチ(240×400ピクセル)有機EL、26万色
サブディスプレイ 7×7ドットLED
主な対応サービス・機能 au Smart Sports、au oneガジェット、EZテレビ(ワンセグ)、デジタルラジオ、EZ・FM、EZ FeliCa、Bluetooth、PCサイトビューアー、オープンアプリプレイヤー、赤外線通信(IrSimple) ほか
ボディカラー アスレチックホワイト、ダンシングピンク、セイリングブルー


新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう