調査リポート
» 2008年11月12日 07時10分 公開

ワンセグを見るようになったきっかけは“北京五輪”、3割に

ネットエイジアが、ワンセグを利用したオリンピック視聴に関する実態調査の結果を発表。3割が北京五輪の視聴をきっかけにワンセグの利用頻度が増えたと回答している。

[ITmedia]

 ネットエイジアは11月4日、「ケータイワンセグのオリンピック視聴」に関する調査結果を発表した。調査は9月29日から10月5日まで、テレビ番組表とAVリモコン機能が一つになったNTTドコモ端末向けアプリ“Gガイドモバイル”のユーザーを対象に行ったもので、有効回答数は1965人。

 同調査によれば、北京オリンピックをケータイワンセグで視聴した回答者に、オリンピックをきっかけにケータイワンセグの視聴頻度が変化したかを聞いたところ、全体では31.6%が「増えた」と回答し、「変わらない」は65.8%だった。男女別に見ると、男性では「増えた」との回答は29.4%と3割を切ったが、女性では35.1%と男性に比べ割合が高くなっている。

 北京オリンピックのテレビ放映を、ケータイのワンセグで視聴した場所、シーンについて複数回答形式で聞いたところ、「外出先の店やビル内」という回答が最も多かったが、これに「自宅の自分の部屋」という回答が31.6%で続いた。自室でケータイワンセグを視聴する傾向に男女差はあまり見られなかったが、年代別では15歳から19歳のユーザーは48.5%と、自室で視聴した割合が他の年代と比べて高かった。

 ケータイワンセグで視聴した北京オリンピックの競技は、「男子競泳」が51.8%で最多。次いで「野球」が49.8%、「ソフトボール」が45.2%で並んだ。男女別に見ると、男性では「野球」が63.4%、女性では「男子競泳」が54.1%で最多となった。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう