レビュー
» 2012年05月22日 20時19分 UPDATE

Xi&NOTTV対応のwithシリーズ:写真で解説する「MEDIAS X N-07D」 (1/2)

NECカシオの「MEDIAS X N-07D」は、防水仕様の薄型ボディにおサイフケータイ、ワンセグ、赤外線通信など、日常的に使える機能を詰め込んだ、いわゆる“全部入りスマホ”。デュアルコアCPU搭載で、NOTTVをはじめ動画サイトなどの視聴もサクサクできるモデルとなっている。

[青山祐介,ITmedia]
photo

 NTTドコモから発表されたNECカシオモバイルコミュニケーションズ製の「MEDIAS X N-07D」は、今回発表された夏モデルの中で最も薄い7.8ミリというボディの中に、防水、ワンセグ、おサイフケータイなどの便利な機能を満載した、Androidスマートフォンだ。発売は6〜7月が予定されている。

 初代「MEDIAS N-04C」以来の薄型スタイルは、MEDIASシリーズの真骨頂といえるだろう。その流れを汲むN-07Dは、2012年春モデル「MEDIAS ES N-05D」の後継機にあたり、N-05Dの6.9ミリからは約1ミリ程度厚くはなったが、そのスリムなフォルムに変わりはない。MEDIAS ESのESが“Extra Slim”の略で薄型であることを示していたが、MEDIAS X N-07Dからは“X”がMEDIASシリーズの中で薄型デザインのモデルであることを示しており、ブースの説明員によると今後のMEDIASシリーズの薄型モデルではすべてに“X”が付くことになるという。

 N-05Dとの違いは、OSがAndroid4.0となり、プロセッサが1.5GHzのデュアルコアプロセッサ「MSM8960」となったこと。約4.3インチのHD(720×1280ピクセル)表示ディスプレイと810万画素の裏面照射型COMSセンサーを使ったカメラに違いはないが、通信機能は新たにXiに対応し、下り最大75Mbps/上り最大25Mbpsでの通信が可能。また、今春から始まったモバイルキャスト放送の「NOTTV」にも対応。夏モデルとして発表されたドコモのwithシリーズの中では、唯一、モバキャスに対応したスマートフォンとなっている。

photophotophoto NECカシオの「MEDIAS X N-07D」。ボディカラーは左からWhite、Pink、Brownの3色。いずれも光沢のあるパールメタリックの塗装が施されている

 BluetoothはN-05D同様にVer.4.0に対応し、カシオ計算機の腕時計「G-SHOCK GB-6900」との連携機能も継承した。ただし、G-SHOCKアプリはプリインストールされておらず、メーカーサイトの「MEDIAS LINK」からのダウンロードが必要。また、今夏モデルの共通の強化ポイントとして挙げられている“バッテリーの大容量化”“急速充電対応”もキャッチアップした。バッテリー容量はN-05Dの1400mAhから1800mAhに拡大され、同梱品の卓上アダプタと専用ACアダプタ「N04」を使うと、約30分で50%のまでの急速充電が可能となっている。

photophoto 約4.3インチのタッチパネルを持ちながら、面と面の間の稜線を丸めることで、比較的持ちやすいフォルムとなっている。背面には専用卓上ホルダ用の充電端子を備えている

photophoto 側面には操作部が一切なくすっきりしたデザイン。音量の上下などに使うカーソルボタンは、背面の右端に付いている

photophoto ワンセグアンテナ、Micro USBの外部出力端子、電源キー、ストラップホールが並ぶ本体上面(写真=左)。本体下面の右端に通話用マイクというレイアウトは、MEDIAS ES N-05Dと共通だ

photophoto MEDIAS ES N-05Dではすべてセンサー式だった「メニュー」「ホーム」「戻る」のキー。MEDIAS X N-07Dではホームキーのみ独立した物理キーになった(写真=左)。タッチパネル上部には左から、インカメラ、レシーバー(受話口)、近接センサーの窓が並ぶ。新たに搭載されたインカメラは130万画素のCOMSセンサーを採用(写真=右)

photophoto これまでワンセグ用だったアンテナは、MEDIAS X N-07DではNOTTVのアンテナも兼ねる。360度回転と折り曲げが可能な4段ロッド式という構成は変わらない

photophoto 背面カメラ周辺のレイアウトはMEDIAS ES N-05Dから変わっている。800万画素のカメラの位置はおよそ変わらないが、撮影補助ライト、赤外線ポート、スピーカーの位置がやや下がっている(写真=左)。バッテリーは1800mAhに容量を拡大。連続待受時間は3Gで約530時間、LTEで約350時間と、3Gで比較するとN-05Dの約1.6倍に伸びている。MEDIAS ES N-05Dではバッテリー左側に充電端子などのスペースがあったが、左端までバッテリースペースを拡大している(写真=右)

 機能面でもN-05Dの後継機ということで、大きな違いはない。ワンセグ、おサイフケータイ、赤外線通信などの機能は基本的にそのまま引き継ぎ、細かな機能や仕様をブラッシュアップ。N-07Dの進化は、こうした機能の“全部入り”を防水仕様のまま実現したこと。そのため、薄型と言っても全部入れた分として0.9ミリほど厚くなっている。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.