ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ウォークマンケータイ W52S」最新記事一覧

auの「W52S」「W53S」にメール・通話まわりの不具合――ソフト更新で対応
KDDIはソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製のau端末「W52S」と「W53S」に不具合があることを明らかにした。無線経由で改修済みのソフトを配信する「ケータイアップデート」で対応する。(2008/9/9)

KDDI、「W52S」「W41CA」「W41H」「W32H」のケータイアップデートを開始
KDDIは3月18日、WIN端末「W52S」「W41CA」「W41H」「W32H」の不具合を修正するケータイアップデートを開始した。電源リセットやCメール送信に失敗するといった不具合を修正する。(2008/3/18)

「P904i」「W52CA」「912SH」などがモバイルSuicaに対応
JR東日本は、NTTドコモの「P904i」「SO903iTV」、auの「W52CA」「W52SH」「W52P」「W52S」「W53T」、ソフトバンクモバイルの「912SH」をモバイルSuica対応機種に追加した。(2007/6/28)

開発陣に聞く「W52S」:
“音楽だけじゃない”それが進化の証――「ウォークマンケータイ W52S」
初代ウォークマンケータイの「W42S」から音楽機能を強化した「W52S」。一方で、携帯電話として基本機能や使いやすさも改善された。ケータイとして進化したW52Sのポイントを、開発担当者に聞いた。(2007/6/27)

開発陣に聞く「W52S」(ウォークマン編):
音楽の3本柱に+α――実は“硬派”な「ウォークマンケータイ W52S」
“ウォークマンケータイ”の第2世代機目として登場した「ウォークマンケータイ W52S」。曲線主体のボディからは想像できないほど、“硬派”に音楽と向き合っている。(2007/6/21)

「ウォークマンケータイ W52S」発売──新規価格は2万円台半ば
2Gバイトの内蔵メモリと約110時間の連続再生性能、そしてウォークマンシリーズが搭載する高音質技術を備えて進化した「ウォークマンケータイ W52S」が一部エリアで発売された。新規価格は2万円台半ば。北海道・関東・中部・関西・四国・九州エリアは21日から、東北・北陸エリアは22日に発売される。(2007/6/20)

「ウォークマンケータイ W52S」、19日から順次発売
KDDIは、ソニー・エリクソン製の音楽携帯「ウォークマンケータイ W52S」を19日から順次発売すると発表した。(2007/6/19)

「W52S」の“ここ”が知りたい(5):
au ICカードを挿さずに音楽プレーヤーを使えるか──「W52S」
ウォークマンブランドのケータイとして登場するauの「W52S」。ヘッドフォン出力時の音量や内蔵スピーカーの音質に加え、「au ICカードを挿さずに音楽プレーヤーを使えるか」という質問が寄せられた。(2007/6/15)

「W52S」の“ここ”が知りたい(4):
ATRAC3plusへの対応は──「W52S」
多機能音楽プレーヤーとしての期待も大きいウォークマンケータイ「W52S」。そのため再生可能な音楽ファイルのフォーマットやmicroSDの利用に関する質問が多かった。(2007/6/13)

「W52S」の“ここ”が知りたい(3):
サイズやキーの操作性はどう変わったか──「W52S」
初代ウォークマンケータイに比べて、2代目ウォークマンケータイの「W52S」は、サイズやキーの操作性がどう変わったのか。(2007/6/12)

「W52S」の“ここ”が知りたい(2):
着うたフルとATRACの楽曲をシームレスに再生できるか──「W52S」
ウォークマンケータイの2代目モデルとして登場した「W52S」。ミュージックプレーヤーとしての使い勝手や、W42Sとの違いなど、音楽機能を中心にチェックした。(2007/6/11)

「W52S」の“ここ”が知りたい(1):
内蔵メモリにATRACデータを保存できるか──「W52S」
1年ぶりに新モデルが登場したウォークマンケータイ「W52S」。初代ウォークマンケータイ「W42S」は内蔵メモリにATRACデータを保存できなかったが、W52Sはどうか。(2007/6/7)

沢尻エリカさん、ウォークマンケータイ「W52S」CMでカンフーを披露
沢尻エリカさんがソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズのウォークマンケータイ「W52S」のCMに出演する。発表会にはCMと同じチャイナドレスで登場し、カンフーの“キメ”ポーズを披露した。(2007/6/6)

写真で解説する「ウォークマンケータイ W52S」(ソフト編)
「ミュージックキー」の新設や大口径ステレオスピーカーの内蔵など、“ウォークマンらしさ”はそのままに大きく姿を変えた「ウォークマンケータイ W52S」。ミュージックプレーヤーなどソフト面はどう変わったのだろうか。(2007/5/23)

写真で解説する「ウォークマンケータイ W52S」(外観編)
内蔵2Gバイトメモリに、ウォークマンの高音質技術「クリアオーディオテクノロジー」を採用した「ウォークマンケータイ W52S」。ユーザー個人だけでなく、「みんなで音楽を楽しむ」というコンセプトが追加された。(2007/5/22)

2Gバイトメモリ+高音質化で大幅進化──「ウォークマンケータイ W52S」
あのウォークマンケータイが進化して帰ってきた――ソニーエリクソン製のWIN端末「W52S」は内蔵メモリを2Gバイトに増量し、ウォークマンが採用する高音質技術を搭載。前モデルを上回る音楽機能を備えた。(2007/5/22)

auの夏モデル、ソニエリ「W52S」などがJATE通過
auの夏商戦向けと思われる端末が続々JATEの認定を受けている。今回、ソニー・エリクソン製の「W52S」と三洋電機製の「W52SA」の存在が明らかになった。(2007/5/1)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。