レビュー
» 2007年05月22日 23時56分 UPDATE

写真で解説する「ウォークマンケータイ W52S」(外観編) (1/2)

内蔵2Gバイトメモリに、ウォークマンの高音質技術「クリアオーディオテクノロジー」を採用した「ウォークマンケータイ W52S」。ユーザー個人だけでなく、「みんなで音楽を楽しむ」というコンセプトが追加された。

[平賀洋一,ITmedia]

 ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製の「ウォークマンケータイ W52S」は、国内初のウォークマンケータイとなった「W42S」の後継モデル。従来モデルの倍となる2Gバイトの内蔵メモリを搭載し、ウォークマンに採用されているソニーの高音質技術「クリアオーディオテクノロジー」を装備した。

 サイズは54(幅)×108(高さ)×19.9(厚さ)ミリで、W42Sと比べると幅で5ミリ、高さで2ミリほど大きくなった。しかし、厚さは6ミリ以上薄くなり、見た目にもかなりスリムになった印象を受ける。また、手になじむラウンドフォルムを採用しており、実際に手にしてもスペックほど大きくは感じない。

 外観デザインで前モデルと大きく違うのが、音楽専用のインタフェース「ミュージックシャトル」がなくなったことだ。そのかわり右側面の“ミュージックエリア”に、「ミュージックキー」を備えた。ミュージックシャトル同様、音楽機能の起動と音楽再生時の操作を行う。左右どちらの手で持っても指がかかりやすい場所にあり、ボタンによるオーソドックスな操作が行える。

photophotophoto 「ウォークマンケータイ W52S」。カラーはアルペジオブルー、ピチカートピンク、ハーモニクスホワイトの3色

photophoto メインディスプレイは2.7インチフルワイドQVGA(240×432ピクセル)液晶。端末背面は巨大なスピーカーのようなデザインだ。実はパンチング部の内部に、直径20ミリのスピーカーを2つ内蔵している

photophoto 閉じた状態の端末左側面と(左)と右側面(右)。左側面には、メモリースティックマイクロ(M2)とmicroSDのどちらかを装着できるデュアルスロット、充電/外部接続端子、平形イヤフォン端子を配置。右側面には、曲の再生・停止を行う「ミュージックキー」と[曲送り]ボタン、[ボリューム]ボタンがある。この音楽専用の操作部分が“ミュージックエリア”だ。そのほか、[マナー]キーと[メモ]キー、[カメラ]キーをレイアウトする

photophoto ミュージックエリア(左)。平形イヤフォン端子(右)のカバーはスライド式

photophoto 外部メモリスロットは1つで、基本的にメモリースティックマイクロ(M2)用。しかし、付属のアダプターを使うことでmicroSDも装着できる

この記事に関連するキーワード

ウォークマンケータイ W52SATRAC3LISMO着うたウォークマンauKDDI


       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.