ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「AQUOSケータイ W61SH」最新記事一覧

「AQUOSケータイ W61SH」に電力管理やメール周りの不具合――ソフト更新で対応
KDDIはシャープ製のau端末「W61SH」に、不具合があることを明らかにした。EZweb後にEメールを送信できない場合があるなど3つの不具合が確認され、無線経由のソフトウェア更新で対応する。(2008/4/25)

KDDI、「AQUOSケータイ W61SH」の新色と防水ケータイ「W62SA」を2月21日から順次販売
KDDIは「AQUOSケータイ W61SH」の新色「フレッシュグリーン」と「マリンブルー」および、「W62SA」の販売を開始したと発表した。(2008/2/21)

「AQUOSケータイ W61SH」に新色フレッシュグリーンとマリンブルーが登場
KDDIは、シャープ製WIN端末「AQUOSケータイ W61SH」に新色を追加する。すでに販売中のビビッドピンク、ピュアホワイト、クールブラックにフレッシュグリーンとマリンブルーの2色が加わり、全5色での展開となる。(2008/1/28)

「AQUOSケータイ W61SH」発売──新規はフルサポ+オプション加入で2万円強
au 2008年春モデルの第1弾として突如発表されたシャープの「AQUOSケータイ W61SH」の販売が都内でも始まった。価格はフルサポートコースで2万円台。量販店では割引を適用するため複数のオプションへの加入が必須になっているところも見られた。(2008/1/11)

開発陣に聞く「AQUOSケータイ W61SH」:
オーセンティックモダンという名の“ジャストサイズ”――「AQUOSケータイ W61SH」の狙い
auの2008年春モデルの発表を待たず、単独で発売された「AQUOSケータイ W61SH」。AQUOSケータイはauでは2機種目となるが、どのようなコンセプトで開発されたのだろうか。シャープの開発陣に話を聞いた。(2008/1/9)

「AQUOSケータイ W61SH」、1月9日から順次発売
auの2008年第1弾モデル「AQUOSケータイ W61SH」が9日から順次発売される。2007年内に発売予定だったKCP+採用端末が遅れが影響したためか、auでは異例の変則スケジュールで発売することになった。(2008/1/8)

ステンレスパネルと浮かび上がるLED表示を採用、最薄部16.9ミリのAQUOSケータイ「W61SH」
KDDIは、ディスプレイを90度回転できるサイクロイドボディのシャープ製ワンセグ端末「W61SH」を2008年1月上旬以降に発売する。幅48ミリ、厚さ19.9ミリ(最薄部16.9ミリ)とコンパクトなAQUOSケータイだ。(2007/12/17)

シャープ製の「W61SH」がJATE通過
auの2008年発売モデルと思われる「W61SH」など、シャープ製の端末計4機種がJATEを通過した。(2007/11/1)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。