ニュース
» 2009年03月27日 11時48分 UPDATE

「安いノートならMacよりWindows」アピールするMSの新キャンペーン

Apple Storeでは1000ドル以下のノートPCを買えなかった消費者が、700ドルのWindowsノートを購入してにっこり微笑む広告を公開中。

[ITmedia]

 米Microsoftは3月27日、消費者向けの新しいWindowsブランドキャンペーン「Laptop Hunters」を開始した。このキャンペーンは、近年消費者はPCの買い替えの際ノートPCを選ぶようになっており、また景気後退の中、より安いノートPCが求められていることに着目したものという。

Laptop Hunters Laptop Huntersのキャンペーンサイト

 Laptop HuntersのCMは、一般消費者が実際にノートPCを購入する過程を紹介するリアリティーショー的なビデオ。新しいノートPCを買う予定の消費者に、本人にはMicrosoftのキャンペーンとは明かさずにマーケティング調査だとして協力を求め、実際の予算でノートPCをPCショップで購入する過程をビデオカメラで撮影した。予算に合った目的のノートPCを購入した段階でキャンペーンであることを明かし、本人の承諾を得て公開しているという。

 現在公開されているビデオでは、1000ドル以下の予算で17インチのディスプレイ、スピードの速いノートPCを希望するローレンさんの「ハンティング」を追っている。ローレンさんはまずApple Storeに行き、1000ドル以下のノートPCはない、と次にPCショップに向かう。そこでHPのノートPCを700ドル以下で購入したローレンさんは「私はPC。ほしいノートPCが購入できた」とコメントする。

lauren

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -