ニュース
» 2009年06月09日 07時35分 UPDATE

Acid3 100/100:Apple、“世界最高速の”新Webブラウザ「Safari 4」リリース

HTML 5とCSS 3をサポートし、「Snow Leopard」上ではプラグインのプロセスが切り離されることにより、クラッシュの影響を受けないようになる。

[ITmedia]

 米Appleは6月8日、開発者向けカンファレンス「Worldwide Developers Conference 2009」(WWDC 2009)の基調講演にて、新Webブラウザ「Safari 4」をリリースしたと発表した。Mac OS版とWindows版がSafariのページからダウンロードできる。

 Safari 4は、新しいJavaScriptエンジン「Nitro」の採用により、現行のSafari 3と比べ、JavaScriptの実行速度を4.5倍高速化したという。またWebブラウザがWeb標準に準拠しているかどうかを測定するテストAcid3で満点を獲得した。

 オープンソースのWebレンダリングエンジン「WebKit」で駆動するSafari 4はHTML 5をサポートしており、Webアプリケーションの情報をHDDに保存できる。またWebページのレイアウト規格CSSのCSS 3アニメーション、CSSエフェクトをサポートした。

 ビジュアルな“お気に入り”リスト「Top Sites」や履歴を検索できる「Full History Search」など、150もの新機能を搭載した。

safari Full History Search

 また同日発表され、9月に発売予定の次期OS「Mac OS X Snow Leopard」上では、Safari 4は64ビットアプリケーションとして稼働し、性能はさらに50%向上するという。プラグインが独立したプロセスで稼働するようになり、プラグインがクラッシュしてもSafariに影響を与えなくなる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -