ニュース
» 2009年08月13日 08時56分 UPDATE

特許侵害で:Microsoft、米地裁から「Microsoft Word」販売差し止め命令

カナダのi4iのXML関連特許を侵害したとして、約3億ドルの賠償金支払いと米国内でのWord販売差し止め命令判決が下された。

[ITmedia]

 米テキサス州東部地区連邦地裁は8月12日、米Microsoftに対し、「Microsoft Word」の販売差し止め命令を含む判決を下した。Microsoftはカナダのi4iから、XMLによるドキュメント整形技術に関する特許(米特許番号5,787,449)を侵害したとして提訴されていた。

 同地裁のレオナルド・デイビス判事はMicrosoftに対し、i4iへの総額2億9000万ドル以上の支払いとカスタムXMLを含む「.XML」「.DOCX」「.DOCM」などのXMLファイルを開くことができるMicrosoft Word関連製品の販売および輸入を禁じる命令を下した。Microsoftは60日以内に命令に従う必要がある。

 i4iは1993年創業のソフトウェアベンダーで、標準ベースのコンテンツ技術を提供している。製品はXMLを使ったドキュメント作成や配布に関するものが中心で、Microsoft Word上で利用するオーサリングツール「x4o」などを販売している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -