ニュース
» 2009年08月24日 07時00分 UPDATE

電話しながらファイルを送れる技術の特許、Appleが出願

Appleが特許出願中の技術では、iPhoneで電話をしている最中に、電話の相手にファイルやメッセージを送ることができる。いったん電話を切る必要はない。

[ITmedia]

 iPhoneで電話をしながら、電話の相手にメッセージやファイルを送信できる技術の特許を、Appleが出願している。

 「AUTO MESSAGING TO CURRENTLY CONNECTED CALLER(接続中の相手に自動でメッセージを送る)」と題されたこの特許は、2008年2月に出願された。メッセージングアプリケーションとテレフォニーアプリケーションを起動して、モバイルデバイスで電話をしている最中に、接続している相手にメッセージを送ることができる技術という。

ah_applepatent1.jpgah_applepatent2.jpg

 Appleはこの技術を開発した背景について、「モバイルデバイスのユーザーが電話サービスを使っている間に、相手にメッセージやファイルを送りたくなることがあるかもしれない。そうした情報を送るためには、いったん電話を切って、電話帳で送り先を探してから、ファイルやメッセージを送らなければならない。このプロセスはユーザーにとって退屈だ」と説明している。この技術は、電話帳に登録されている通話相手の情報を検出するため、ユーザーが電話帳を検索する必要はないという。

 この技術はGSM、GPRS、EDGE、Wi-Fi、WiMAX、Bluetoothなどに対応する。

関連キーワード

Apple | 特許 | アドレス帳 | iPhone | Bluetooth | EDGE | GPRS | GSM | Wi-Fi | WiMAX


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -