ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2009年10月08日 08時31分 UPDATE

独禁法訴訟終結に一歩前進:欧州委員会、Microsoftの修正版「ブラウザ選択画面」を評価

WindowsへのIEバンドル問題で、Microsoftが7月に提出したバロットスクリーン案の修正案を欧州委員会が評価し、市場テストを開始する。

[ITmedia]

 欧州委員会は10月7日、WindowsへのInternet Explorer(IE)バンドル問題に関して米Microsoftが提出した再修正案を9日に市場テストに移すと発表した。向こう1カ月、競合メーカー、PCメーカー、消費者からの意見を受け付ける。Microsoftはこれを受け、「欧州委員会は最終的な結論に達したわけではないが、この決定は問題終結への重要な一歩だ」と語った。

 Microsoftは7月、この問題に対応するため、欧州で販売するWindowsにユーザーが競合他社のWebブラウザを選択するための「バロットスクリーン」を追加するという提案を行った。Microsoftによると、この提案に対して委員会に寄せられた多数のフィードバックを基に委員会とMicrosoftは議論を重ね、再修正案を作成した。

 修正案では、バロットスクリーンを表示する前に「Webブラウザとは何か」を説明する画面を表示し、バロットスクリーン経由の他社ブラウザのインストールをより簡単にしたという。またバロットスクリーンには12社のブラウザを表示し、ユーザーの選択の参考にするため、各ブラウザにはテキストでの解説を追加した。

ballot screen

 この修正案は向こう5年間、欧州のユーザーを対象としたWindows XP、Windows Vista、Windows 7のアップデートプログラムで反映され、ユーザーの画面にバロットスクリーンが自動的に表示されるようになる。またメーカーはPCにIEではなく競合他社のWebブラウザをデフォルトブラウザとしてプリインストールできるだけでなく、IEを無効にすることもできる。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.