ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2009年12月16日 07時41分 UPDATE

goo.gl対抗:URL短縮サービスのbit.ly、ブランド名入りURLの有料サービスを発表

有料サービス「bit.ly Pro」では、ブランド名を反映させたURLを生成できるほか、各URLをリアルタイムで分析できるダッシュボードサービスを利用できる。

[ITmedia]

 URL短縮サービスの米bit.lyは12月14日、独自の短縮URLを使える有料サービス「bit.ly Pro」を発表した。同サービスのβプログラムには、MicrosoftのBingMSNAOLNew York TimesTechCrunchなどが参加している。

 同社の無料短縮URLは「http://bit.ly/〜」となっているが、bit.ly Proでは独自のドメイン名を指定できる。例えばNew York Timesの場合は「http://nyti.ms/〜」と表示され、クリックする前からリンク先がNew York Timesの記事であることが分かる。

 付属のダッシュボードは、短縮URLごとのリアルタイムのトラフィック情報を提供する。URLのクリック数の推移やTwitterやSNS、SMS、メールなどでURLが広まる様子などが表示され、15秒ごとに更新される。

bit.ly

 無料のβプログラムに参加を希望するWebパブリッシャーは、フォームから申し込むことができる。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.