ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「Google URL Shortener」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Google URL Shortener」に関する情報が集まったページです。

実際のURLへのリダイレクトは継続:
Google、短縮URLサービスを終了、「Firebase Dynamic Links(FDL)」を推奨
Googleは、短縮URLサービス「Google URL Shortener」(goo.gl)の終了計画を発表し、同社の「Firebase Dynamic Links(FDL)」などを推奨する方針を明らかにした。(2018/4/3)

「goo.gl」で始まるGoogleのURL短縮サービスが終了へ 既存のリンクは引き続き有効
匿名ユーザーなどは、4月13日から新しい短縮URLが作れなくなります。(2018/4/2)

Google、URL短縮サービス「goo.gl」を2019年3月30日に終了へ
Googleが2009年から提供してきたURL短縮サービス「Google URL Shortener」(goo.gl)を終了する。同社は自社のスマートURL「Firebase Dynamic Links」あるいはBit.lyやOw.lyなどの他社サービスへの移行を勧めている。(2018/4/2)

Tech TIPS:
Googleの短縮URLサービスを使って、長いURLを短くする
メールなどでURLを送る際に、受信側のソフトウェアによっては、長いURLでは改行されてリンクが機能しなくなるといったトラブルが起きることがある。このような場合、短縮URLを使うとよい。短縮URLを作成するサービスにはさまざまなものがあるが、本稿ではGoogleが提供する「Google URL Shortener」を紹介する。最新の状況に合わせて記事を更新した。(2018/3/9)

Google Mapsに地図リンクURLを短縮する機能が追加
目的地のURLをGoogle独自の短縮URLに変換できる機能がGoogle Maps Labsに追加された。(2010/7/12)

短縮URLの「bit.ly Pro」、無料・有料の2本立てに
ブランド名を反映できる短縮URLサービス「bit.ly Pro」のβ版が公開される。無料版では1日1万件までURLを作成でき、トラフィック情報を確認できるダッシュボードも付属する。(2010/2/1)

goo.gl対抗:
URL短縮サービスのbit.ly、ブランド名入りURLの有料サービスを発表
有料サービス「bit.ly Pro」では、ブランド名を反映させたURLを生成できるほか、各URLをリアルタイムで分析できるダッシュボードサービスを利用できる。(2009/12/16)

goo.gl:
Google、URL短縮サービス「Google URL Shortener」を発表
TwitterユーザーにはおなじみのURL短縮サービスをGoogleが独自にスタートした。まずはGoogle ToolbarとFeedBurnerで利用できる。(2009/12/15)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。