ニュース
» 2010年01月25日 20時26分 UPDATE

「スマートフォン、出遅れているのは事実」 KDDI 小野寺社長

ドコモもスマートフォン拡販に本腰を入れる中、KDDIが「スマートフォンに出遅れているのは事実」と小野寺社長は認める。春商戦はスマートフォン以外の市場で戦っていく考えで、新端末も予告。

[ITmedia]

 KDDIの小野寺正社長は1月25日、スマートフォンについて「準備は進めさせているが、出遅れているのは事実として認めざるをえない」と述べた。春商戦は「ほか(スマートフォン以外)の市場で戦える部分はあるので、そこで戦っていく」とし、新端末を発表する予定も明らかにした。

 10〜12月期決算の説明会で述べた。同期の端末販売台数は233万台で、4〜12月期の累計は710万台。通期目標の1000万台達成には1〜3月期に290万台を販売する必要があるが「かなり厳しい数字」と認める。だが春商戦の動向を見極めたいとして目標は据え置く。

 モバイルWiMAXを展開するUQコミュニケーションズについては「苦戦に見えるかもしれないが、計画からそうビハインドしているわけではない。基地局がかなり整備され、ユーザーからはそれなりの評価をいただいている」と今後もKDDIと連携して注力していく方針を示した。

 ソフトバンクによる支援が浮上してるウィルコムについては、「当社として支援や買収は考えていない。ウィルコムの意志でどうするかだ」と話し、かつての子会社ながら支援に乗り出す考えはないことを明言した。

 ジュピターテレコムへの資本参加(KDDI、J:COMを関連会社に 3600億円で株式取得)については、「IP時代はアクセス回線で稼げる仕組みを作らなければいけない。NTTの取り分が増えていき、誰のために営業しているのか分からない状態になる」と従来からの戦略の延長線上にあることを強調。ただ、従来の固定通信事業を黒字化する方針にも変わりはないとした。株式取得に要する3617億円は当面、銀行借り入れでまかなう方針だ。

4〜12月期は減収減益

 同社が発表した2009年4〜12月期の連結決算は、売上高に当たる営業収益が前年同期比1.7%減の2兆5853億円、営業利益は7.4%減の3768億円になるなど、減収減益だった。

 移動通信事業は営業収益が2.3%減、営業益が7.8%減端末販売台数の減少に加え、10〜12月期のARPU(1契約当たりの月間収入)が前年同期比6.8%減の5470円に。販売手数料と販売原価の減少でもカバーできず、減益となった。

 通期見通しは、営業収益、営業益、経常益は据え置くものの、固定事業のネットワークスリム化などで特別損失約550億円を見込み、純利益は前回予想から300億円減の2250億円に下方修正した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -