ニュース
» 2010年02月22日 07時00分 UPDATE

Microsoft、欧州IEユーザー向け「Webブラウザ選択画面」提供開始へ

Microsoftは欧州委員会との独禁法係争終結の決め手の1つとなった「Webブラウザ選択画面」の配布を、予定通り3月から開始すると発表した。

[ITmedia]

 米Microsoftは2月19日、欧州のInternet Explorer(IE)ユーザーに向けて、3月1日前後から「Webブラウザ選択画面」ソフトの提供を開始すると発表した。欧州全体での実施の前に、2月22日の週から、英国、ベルギー、フランスでテストを行う予定だ。

 Webブラウザ選択画面は、WindowsへのIEバンドルをめぐる欧州委員会との独禁法係争で、Microsoftが提示した回避策の1つ。Microsoftは欧州で販売するWindows PCにこの選択画面をインストールし、ユーザーが好みのWebブラウザをデフォルトとして設定できるようにする。欧州委員会はこの対策案を2009年12月に承認した。

 ソフト提供の対象となるのは、Windows XP、Windows Vista、Windows 7のいずれかのOSを利用している欧州在住のユーザー。自動更新サービス「Windows Update」を通じて配布される。

 IEをデフォルトブラウザにしている場合、アップデート後にIEを起動すると以下のような画面が表示される。なお、Windows 7でIEをタスクバーにピンしている場合は、アップデートで自動的に解除される。

ballot1 デスクトップに選択画面へのショートカットが作られ、選択画面に関する説明ウィンドウが表示される

 上の画面でOKをクリックすると、選択画面が表示される。Webブラウザの表示順序はランダムになっており、Webブラウザの情報は時々更新される。

ballot2 12のブラウザが選択肢になっており、右にスクロールすると表示できる

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -