ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2010年03月31日 15時25分 UPDATE

HTML5を推進しつつ:Google、ChromeブラウザにFlash Playerプラグインを統合

Google Chromeの開発者向け最新βに最新のFlash Playerがバンドルされた。将来的にはSandbox対応でより安全になる見込みだ。

[ITmedia]

 米Googleは3月30日、Webブラウザ「Google Chrome」の開発者チャンネルの最新βに、米Adobe Systemsの「Flash Player」をプラグインとして統合したと発表した。可能な限り早く全Google Chromeユーザーに統合版Flash Playerを提供する計画という。

 今回は、WindowsとMac版のバージョン5.0.360.4およびLinux版のバージョン5.0.360.5に、Flash Playerのバージョン10.1のβ3(10.1.51.95)を統合した。同β版は開発者チャンネルからダウンロードできる。Flash Playerを有効にするには、コマンドラインに「--enable-internal-flash」と追加する必要がある。

 Adobe Flash PlayerをGoogle Chromeに統合することにより、ユーザーはWebブラウザと別にFlash Playerをインストールする必要がなくなる。また、Google Chromeの自動更新システムを通してFlash Playerの最新版への更新も行えるようになる。Adobeと協力して、将来的にはFlashコンテンツを含むWebページをChromeのサンドボックスに対応させることで、さらにユーザーを脆弱性から保護できるようにする計画だ。

 GoogleはAdobeやMozillaとともに、次世代のWebブラウザプラグインAPIの策定に取り組んでおり、今回のFlash Playerの統合を、その取り組みの第一歩と位置付けている。現在の多くのプラグインはクロスブラウザAPIのNPAPIで記述されているが、柔軟性に欠けており改革のペースに対応しきれなくなってきていることから、プラットフォーム中立な新たなAPIの策定を目指しているという。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.