ニュース
» 2010年04月02日 17時22分 UPDATE

あの新型ゲーム機にも? シャープのタッチパネル対応3D液晶を見てきた

シャープが新開発したタッチパネル対応3D液晶は明るく高精細で、動画もなめらかに表示する。すでに複数の事業者から引き合いがあるという。

[岡田有花,ITmedia]
画像 公開された試作機の画像の例。写真で立体感が再現できないのが残念だが、ツノは手前に迫り、後ろ足や葉っぱは奥行きを持って見えた。ディスプレイは、デジタルカメラの背面風イラストが描かれた筐体に埋め込まれていた

 木に留まり、こちらにツノを向けるカブトムシ。ツノはぐっと手前に迫り、後ろ足や葉っぱは遠くに見える――シャープが4月2日に発表したタッチパネル対応の3D液晶ディスプレイは、明るく高精細な3D映像が裸眼で見られる。ゲーム機や携帯電話などさまざまな端末への搭載を想定。すでに複数の事業者から引き合いがあるという。

 3D表示は「視差バリア方式」を採用。右目・左目用の画像を分けるための「視差バリア」を搭載した「スイッチパネル」と、液晶ディスプレイを貼り合わせた。視差バリアをオンにすると3Dで表示し、オフにすると2D表示に切り替わる。タッチパネルは静電容量式で、2点のマルチタッチに対応した。

 同社は視差バリア方式の裸眼立体視ディスプレイを2002年に実用化し、PCやパチスロ機などに搭載してきたが、(1)輝度や精細度が低く3Dの画質が悪い、(2)クロストーク(2重像)が出やすい、(3)スイッチパネルが分厚く、端末のデザインが限定される――といった問題があり、「成功しているとは言えなかった」(同社の長谷川祥典液晶事業本部長)。

 新たに、ガラス基板上に電子回路を生成するCGシリコン技術を発展させたほか、視差バリアを最適化し、高輝度・高精細で低クロストークなディスプレイを実現。スイッチパネルとタッチパネルを一体化し、モジュールの厚さは2Dタッチパネル液晶と同等に抑えた。

 新ディスプレイは、3.4インチ/480×854ピクセル表示。3D時の解像度は120〜165ppiと従来(2.4インチ/240×320ピクセル)の64〜83ppiから2倍に拡大した。輝度は業界最高レベルの500カンデラ/平方メートルで従来比2倍、コントラスト比は1000:1と同10倍に高めた。


画像
画像

 ディスプレイから適正な距離で正面から見た時のみ3Dで見える仕様(公開された新ディスプレイの場合は30センチだが調節可能)で、携帯電話やゲーム機など、1人で楽しむ小型端末向け。画面は縦でも横でも3D表示できるため、縦表示・横表示を切り替えながら使うスマートフォンなどにも最適としている。

3Dでも2Dとそん色ない精細感 リアルタイム動画のデモも

 同社の東京オフィスには4月2日、昆虫の写真や3Dアニメなどを表示する試作端末が十数台用意され、報道陣に公開された。写真のデモは、タッチパネルをクリックすると写真がスクロールし、次の写真が表示される仕組みだ。


画像画像 昆虫の3D写真を次々に表示。パネルをタッチすると画像が横スクロールし、次の写真が現れる

 ディスプレイの正面に立ち、30〜50センチほど離れてみると、奥行きのある明るい画像が立体的に迫ってきた。記者が通常使っているシャープ製のハイエンド携帯(SH-01B、3.4インチ480×854ピクセル表示)の2D表示と比べてもそん色ない精細感で、奥行き感は自然でなめらか。ディスプレイに近づきすぎたり遠ざかったり、正面からずれてしまうと立体感は失われ、平面に見えたり2重像が見えたりした。

 動くモデルをステレオカメラで動画撮影し、ノートPCでリアルタイムに3Dに変換、カメラの裏に搭載したディスプレイに表示するデモも。滑らかで自然な立体感のある映像が見られた。


画像画像 動くモデルをステレオカメラで撮影し、PCでリアルタイム変換、カメラの裏のディスプレイに表示
画像 斜めから見ると2重像に

携帯電話に搭載か ニンテンドー3DSは?

 2010年度上期から、タッチパネルなしのタイプの量産をスタート。三重工場(三重県多気町)で生産する。まずは3〜5インチの小型液晶タイプを商品化するが、PCやテレビなど大型のディスプレイへの適用も視野に入れる。すでに、携帯電話事業者など複数の事業者から引き合いがあるという。

 任天堂が10年度中に発売を計画している、裸眼立体視可能なディスプレイを搭載した新型携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」(仮称)への搭載の可能性について問われると、長谷川液晶事業本部長は「個別の案件には答えられない」とかわした。

 同社が生産する小型液晶のうち、今年度は20%、来年度以降は50%が3D液晶になると想定。「白黒テレビがカラーテレビになったように、2Dが3Dに切り替わる時代が来る。モバイル機器も3D Readyにしていく」

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -