ニュース
» 2010年08月03日 09時28分 UPDATE

「Office for Mac 2011」は10月末発売 現行版より安く

MicrosoftのMac用の次期版オフィススイート「Office for Mac 2011」は119ドルからと、現行バージョンと比べて価格が引き下げられている。

[ITmedia]

 米Microsoftは8月2日、次期版Mac用オフィススイート「Microsoft Office for Mac 2011」を10月末に100カ国以上で発売すると明らかにした。

 Office for Mac 2011の小売り版は「Home and Student」「Home and Business」の2エディション。Home and StudentはWord、PowerPoint、Excel、Messengerを含み、シングルライセンス版は119ドル、ファミリーパック(3台までインストール可)は149ドル。Home and BusinessエディションはWord、PowerPoint、Excel、Outlook、Messengerを含み、シングルライセンス版が199ドル、マルチパック(2台までインストール可)が279ドル。現行版のOffice 2008 for Mac(150ドルから)と比べ価格が安くなっている。

 また教育機関向けのAcademicエディションも販売する。Word、PowerPoint、Exel、Outlook、Messengerを含み、価格は99ドルとなる。

 Office for Mac 2011は英語版のほか、日本語、ドイツ度、フランス語など13の言語で提供する。

 またMicrosoftは8月1日(日本では3日から)から11月30日までOffice 2008 for MacをMicrosoftあるいは認定リセラーから購入した顧客に、Office 2011への無料アップグレード権を提供するとしている。

 日本ではOffice for Mac 2011は10月27日に発売。国内での価格は現時点では未定。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -