ニュース
» 2010年08月26日 17時15分 UPDATE

Timeの「2010年のベストWebサイト」にGrouponやTumblr

2010年のベストWebサイト50には、近々日本進出するGrouponや、日本でも人気のTumblr、アフガン紛争関連の機密文書を暴露して話題になったWikileaksなどが選ばれた。

[ITmedia]

 Time誌は8月25日、2010年のベストWebサイト50を発表した。急成長するクーポン共同購入サイトGrouponや、Tumblrなどが選ばれている。

 このリストは「お役立ちから暇つぶしまで、大ヒットから無名のものまで」同誌が最高と評価したWebサイトを選出したもの。ニュース&情報、ショッピング、ソーシャルメディアなどの部門別に選んでいる。

 ショッピング部門では創業から2年で年商300億円と急成長中のクーポン共同購入サイトGrouponが選ばれた。同社は最近、日本進出に向けてクーポッドを買収している。

 ソーシャルメディア部門では、自分の位置情報を友人と共有できる位置情報サービスGowallaが選ばれた。この種のサービスは人気が高く、大手SNSのFacebookも最近、類似の機能を立ち上げている。さらにブログ機能とクリッピング機能を備えたTumblrもベストWebサイトに入った。Tumblrは日本でも人気が高まっている。このほかプロフェッショナル向けSNSのLinkedIn、食べ物の写真を投稿するFoodspottingも選出されている。

 ニュース&情報部門では、内部告発サイトWikileaksが選ばれた。政府や企業の内部告発文書を掲載しているサイトで、最近はアフガン紛争に関する米軍の機密文書を公開して話題になった。

 このほか、動画サイトVimeo、マサチューセッツ工科大学(MIT)の講義資料を無料で公開するMIT OpenCourseWareなども選ばれている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -